内祝いの基本

内祝いの意味や、内祝いをする時の相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

そもそも内祝いって何?

内祝いの意味って?

内祝いは内輪のお祝いのこと。元々はお返しとは意味が異なりますが、現在では「お祝いをいただいたお返し」と考えることが一般的です。内祝いは元々、親しい人や身内の間で喜びを分かち合う「内輪のお祝い」という意味をもっていました。しかし現代においては、多くの場合「お祝いをいただいたお返し」という意味で捉えられています。

内輪の喜びを周囲の人と分かち合うのが、内祝いです。

「内祝い」という言葉は「内輪のお祝い」から来ています。内祝いの「内」とは「家」のことを指し、内輪というのは、家族や親せきなどの身内や親しい人のことです。

本来「内祝い」は、おめでたいことがあった家庭が、報告とあいさつを兼ねて、自発的に宴席を設けたり、贈り物をして、その喜びの気持ちを皆さまにもお分けし一緒に喜び祝ってもらおうということから始まっていますが、現在の「内祝い」は、お祝いをいただいた人に、そのお返しとして品を贈るのが一般的になっています。

内祝いの金額の目安は、頂いた金額の半額である「半返し」と言われていますが、頂いた方や状況に合わせて無理のない範囲でお返しするとよいでしょう。

こんな時に、「内祝い」として贈ります。

結婚祝い、出産祝い、快気祝い、新築祝いなど、内輪の祝いごとでは、お返しではなく「内祝い」として、記念の品物を贈ります。また、結婚披露宴に招待しなかった人からお祝いをいただいた場合にも、「内祝い」としてお返しをします。

結婚内祝いの場合は夫婦の名前、出産内祝いの場合は赤ちゃんの名前を書いたのし紙をつけた品物を贈り、快気内祝いの場合は、心配してくださった方々に回復したことをお知らせします。新築内祝いの場合は品物を贈る代わりに、新居のお披露目の食事会などをします。

時期としては、いずれもお祝いをいただいてからできるだけ早く、1カ月以内には贈りましょう。金額の相場は、だいたいお祝いをいただいた額の「3分の1」または「2分の1」の間でされるのが一般的です。

出産内祝いは、赤ちゃんが社会に出る第一歩。

出産の内祝いは、出産を祝っていただいた方に感謝の気持ちをこめて、昔は赤飯や紅白のお餅などを配るのが慣例でした。赤ちゃんが無事に生まれたことを報告し、名前のお披露目をして、赤ちゃんが社会の一員になる第一歩としたのです。

現在は赤飯やお餅にこだわらず、出産祝いのお返しとして内祝いが贈られています。

お菓子やコーヒーなど日持ちのする食品や、タオル、石けんや洗剤などの実用的なものが一般的です。身内の方であれば、赤ちゃんのお名前入りギフトもとても喜ばれるでしょう。

品物選びに迷う場合は、相手の方に好みの商品を自由に選んでいただけるカタログギフトもおすすめです。

お世話になっている日頃のお礼もかねて、気持ちのこもった品を選ぶとよいでしょう。

赤ちゃんと母親

出産内祝いは、赤飯やお餅から実用品へ。

出産内祝いを送る時期としては、生後2週間から1カ月前後、お宮参りを目安にするのが一般的です。

出産後は、赤ちゃんのお世話で忙しいうえに、母体の体調もまだ回復していません。ですので、内祝いの手配が遅くならないよう、出産後に段取りを考えるよりも、出産前の体調のよい時期に贈り先やスケジュールの目途をつけておくのがおすすめです。

内祝いの相場は、贈られた金額や品物の「3分の1」または「2分の1」程度が一般的です。

「のし・表書き」については、出産は、何度あってもうれしい祝いごとなので、のしの水引きはくりかえし結べる「蝶結び」のものを用います。

命名披露も兼ねて、下に赤ちゃんの名前を書きます。読みやすい名前でも、読みにくい名前でも、ふりがなをふっておきましょう。

内祝いの慣習は、地域によって異なる場合もあります。迷ったときは、ご両親や身近な方など、地域の慣習に詳しい方に相談するとよいでしょう。

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング