内祝いの基本

出産内祝いの相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

出産内祝いを贈るタイミングは?

出産内祝いを贈るタイミングはいつ頃がいいの?

産後1ヶ月を目安に、早目に準備するのがベター。出産後1ヶ月後くらい、お宮参り以降に出産内祝い品を贈るのがマナーです。産後は何かと慌ただしいので、早めに準備しておきましょう。

出産1カ月後のお宮参りの頃に、出産内祝いを贈ります。

赤ちゃんが生まれると、1ヶ月後くらいにお宮参りをするのが一般的。出産の内祝いは、このころに赤ちゃんの名前で品物を贈るのがマナーとされています。

産後間もない時期は、赤ちゃんの世話にも手いっぱいで、体調の回復にも個人差があります。出産内祝いを贈るタイミングをうっかり逃さないよう、早めに準備しておきましょう。

赤ちゃんと母親

出産&内祝いスケジュール

[出産前]

出産内祝いは、できれば妊娠中に準備をしておくのがベター。品選びと贈り先の目星をつけておきましょう。

●住所録を整理しましょう

結婚祝いをいただいた方など、連絡先をひとまとめにして整理しておきます。

●内祝い品選びをしましょう

カタログなどを取り寄せて、何を贈るかおおまかな目安を立てておきましょう。

[出産後]

赤ちゃんにまつわる行事が次々とあり、お祝いの品も届きます。忙しい時期ですが、内祝いを贈るのを忘れて失礼のないように。

産後1週間

生後7日目の夜を「お七夜」といい、命名を行ないます。半紙や既成の命名書に、毛筆で名前と生年月日を記します。

出産祝いが届く

・出産祝いをいただいたら、3日以内に電話や手紙でお礼を伝えましょう。

・出産祝いをいただいた方のリストを作り、内祝い品を決めてメモしておきます。

お宮参り

生後1カ月ごろ、赤ちゃんが生まれて初めて近くの神社に参拝する行事です。

内祝いを贈る

お宮参りがすんだ頃をめどに、内祝い品を手配します。

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング