内祝いの基本

出産内祝いの相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

出産内祝いにつける水引やのしは、どうしたらいい?

水引きやのしにもいろいろな種類があるけど、どんなものを使えばいいの?

のし紙に表書きを入れ、水引をつけて贈ります。出産内祝いにつけるのし紙は、表書きに「内祝」とし、赤ちゃんの名前を書きます。注文したお店にまかせば手配してくれますが、基本のマナーは知っておきたいですね。

大切な贈り物には、のしや水引を掛けるのが習わし。

贈りものにのしや水引を掛けるのは、日本に古くから伝わる習わしです。昔は贈り物をする時に、品物に内容を明記した目録を添えたことから、包装紙に表書きを入れる習慣ができました。

水引は、贈り物の包み紙に掛ける紙ひものこと。結び方は大きく分けて「結び切り」と「蝶結び」の2つに分けられます。のしや水引があらかじめ印刷されたのし紙も多く見られますよね。

表書きに「内祝」と子供の名前を書き、赤白蝶結びの水引を。

出産内祝いののし紙は、表書きに「内祝」または「出産内祝」と書きます。内祝いは子供の誕生のお披露目なので、赤ちゃんの名前を入れます。読み方を覚えてもらえるように、ふりがなを入れるといいでしょう。

水引は、「赤白蝶結び」の水引を使用します。出産内祝いは何度でも繰り返していい祝いごとなので、結び目がほどけてまた結ばれる…また繰り返されますようにという願いがこめられているのです。

熨斗紙イラスト

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング