内祝いの基本

出産内祝いの相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

お礼状はどのように書けばいい?

内祝いを贈る時には、自筆のお礼状を添えるのがマナーです。基本的な文例をご紹介!

出産内祝いには、お礼状を添えて感謝の気持ちを伝えましょう。出産祝いをいただいたら、まず電話でお礼を。そして出産内祝いを贈る際に、お礼状と共に感謝の気持ちを伝えましょう。

出産内祝いのお礼状には、感謝の心と近況報告を。

出産の内祝いを贈る時には、お礼状を送るのがマナーです。内祝いを贈ったことを知らせるためでもありますが、印刷した礼状だけでは味気ないもの。

出産祝いに贈っていただいた品物について「嬉しかったです」「愛用しています」など感謝の気持ちが伝わる言葉を添えましょう。

また赤ちゃんの様子や、産後の体調のこと、育児に奮闘している様子などを書くと、よりいっそう気持ちが伝わり、相手に喜んでもらえるでしょう。

【文例 1】

お祝いの品を贈っていただき、本当にありがとうございます。

私の体も順調に回復し、おかげさまで母子ともに健康に過ごしています。いただいた○○、とても素敵で気に入っています。

これからもまた教えていただきたいことがたくさんあるので今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

ささやかではありますが、心ばかりの品をお届けします。まずはお礼まで。

【文例 2】

このたびはお祝いの品をいただき、ありがとうございました。

慣れない育児に、毎日奮闘していますが子供は元気にすくすくと育っています。

いただいた物は、さっそく使わせていただきました。

心から感謝の気持ちでいっぱいです。

心ばかりではありますが、別便にてお礼の品をお送りさせていただきます。

近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

またお目にかかれる日を楽しみにしています。

出産祝いをいただいた時は、まず電話でお礼を伝えますが…。

出産祝いをいただいたら、できるだけ早く3日以内に電話でお礼を伝えるのがマナー。しかしこの時も、葉書またはできれば封書でお礼状を出すのが、より望ましいと言えるでしょう。

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング