内祝いの基本

出産内祝いの相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

連名でもらったお祝いの内祝いってどうすればいい?

連名でお祝いをもらった時のお返しってどうしたらいいの?

人数や状況に応じて、個別に贈っても、まとめて贈ってもOK。職場や友人などから、連名で出産祝いをいただく場合があります。お返しに贈る内祝いは、個別に贈るか、まとめて贈るか悩みがちですが、ケースバイケースで対応を。

いただいた出産祝いの半額程度を、内祝いとして贈ります。

連名でいただいた出産祝いに対して、内祝いを個別に贈るか、まとめて贈るか、特に決まったルールはありません。大人数でいただいた場合は、まとめて贈るといいでしょう。一方、ひとりひとりに感謝の気持ちをこめて、贈りたい場合もあるかと思います。

いただいた出産祝いの半額程度を、内祝いとして贈ります。

いただいた出産祝いの半額程度を、内祝いの予算とします。職場など大勢のグループでいただいた場合は、菓子折りなどみんなで分けられるような出産内祝いを選ぶといいでしょう。

ひとりずつ個別に出産内祝いを贈る場合は、予算を人数で割って。

個別に出産内祝いを贈る場合は、全体の予算を人数分で割った額で品物を選ぶとよいでしょう。ハンカチやタオル、スイーツなど、小さくても見た目に可愛いものを選びたいですね。

焼菓子詰合せ (エルマー)

ホームパーティーのついでに、気軽に渡すのもgood。

親しい間柄の友人が3、4人で贈ってくれたなら、個別に贈ったほうがより気持ちが伝わるかも。赤ちゃんのお披露目も兼ねてホームパーティーを開いて、帰り際におみやげとしてちょっとしたお返しの品物を渡すのもいい方法です。

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング