内祝いの基本

出産内祝いの相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

内祝いを選ぶ時や贈る時に、気をつけることは?

内祝いで避けた方がいい商品ってあるの?また喪中の方への内祝いってどうすればいい?

喪中の時や、商品選びのタブーなど、ほんの少し配慮を。現在では出産内祝いに限らず、贈答のマナーについてあまり堅苦しく考えなくなっています。でも、最低限のマナーを知っておくと、何かと安心ですよね。

出産内祝いに限らず、目上の人には贈るマナーがあります。

目上の方へ贈答品を贈る場合には、出産内祝いに限らず、避けたほうがいい品物があります。肌着などの直接肌につけるものや靴下などは、生活に困っているのではという意味に受け取られることがあります。また現金を贈るのも、目上の方に対してはタブーです。

喪中の方に、出産祝いをもらった場合の内祝いは?

内祝いは、いただいたお祝いに対するお礼の気持ちで贈るもの。内祝いを贈る相手が喪中でも、マナー違反にはなりません。ただ喪中は忙しい時期でもあり、相手の方の気持ちもそれどころではないかもしれません。

お葬式のすぐ後なら、少し間をあけて、四十九日が過ぎたころに贈るといいでしょう。表書きを「内祝い」とするのが気になるのなら、「御礼」という言葉にして贈ります。

出産内祝いにあまりふさわしくない品物って?

現在では、内祝いに贈るべきではないという品物のタブーも、少なくなったといわれます。しかし地方によっては特有のマナーやタブーが根強く残っている場合があります。事前にしっかり調べておくことが必要でしょう。

例えば、緑茶は仏事に用いられることから、内祝いにはふさわしくないとされていたそう。また刃物は、「縁を切る」に通じるとして、贈答品としてはふさわしくないという考え方もあります。

ただし、刃物は「未来を切り開く」という考えもあり、実用的な贈り物として人気もあります。土地の習慣や贈る方の年齢や考えを理解したうえで、適切なものを選びたいですね。

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング