通販カタログ・通信販売のベルメゾンネット

内祝いを訪問して渡す時のマナーは?

直接内祝いを渡す場合は、最低限の訪問マナーを心得て。
最近は内祝いも、配送する場合がほとんど。直接贈り先へ訪問して渡す場合は、最低限のマナーを心得ておきましょう。

個人宅を訪問する場合は、少し遅れて到着するように。

訪問の日時を決める時は、先方の都合を最優先にします。早朝や夜間、食事どきは避けるのが常識です。ビジネスとは違って、約束した時間よりも少し遅れて伺うのがマナー。定刻より数分遅れて到着するようにしましょう。

内祝いの贈り物は、紙袋かできれば風呂敷に包みます。

内祝いギフトは、風呂敷または紙袋に入れていくことがマナーです。贈り物は部屋に通されてから、ご挨拶をする時に一緒に渡します。

内祝いの贈り物を渡す時は、紙袋のまま渡さずに。

内祝いをお渡しする時には、風呂敷または紙袋から取り出して渡します。そのまま渡さないように気をつけて、持ってきた紙袋は持ち帰りましょう。

内祝いの贈り物を取り出したら、正面を自分のほうへ向けて置きます。そして贈る方に正面ののしが向くように回して、必ず両手で差し出しましょう。