【例文あり】 月別の「時候の挨拶」と使い方の注意点

拝啓から始またお手紙

季節ごとにさまざまな時候の挨拶があります。
慣用的な表現は、覚えておくと便利ですが、実際の天候を考慮して自分なりの言葉にすると、より気持ちが伝わりますよ。

時候の挨拶とは?

儀礼的な挨拶状や内祝いのお礼状では時候の挨拶が欠かせません。
以下では、時候の挨拶の使い方や注意点、種類を紹介します。

時候の挨拶の使い方

白い便箋と万年筆

時候の挨拶は、お礼状や手紙で頭語に続く書き出しの言葉です。
頭語とは「拝啓」や「謹啓」などで、お礼状や挨拶状には欠かせません。

時候の挨拶には、春夏秋冬の季節や天候などの言葉を使います。
たとえば「春色にわかに増し〜」など、四季のある日本ならではの美しい風習かもしれません。

二種類の時候の挨拶

手紙の例

時候の挨拶には漢語調と口語調の二種類があります。
より格式高いのが漢語調で、口語調は親近感のある時候の挨拶です。

以下のように相手にあわせて選んでみてください。

  • 漢語調

    ご年配の方やマナーに厳しいお相手へのお礼状やお手紙

  • 口語調

    仲のいい相手や親戚へのお礼状やお手紙

送り先さまへあわせて使う

ご年配の人の手

時候の挨拶は送り先様にあわせて使用します。
たとえば3月に沖縄の人が北海道の人へお礼状を送る場合「春風が心地よい季節となりました」では違和感を感じるかもしれません。

送り先の気温や天候を考慮して選んでみてください。

月別の時候の挨拶と結びの挨拶

以下では月別に「時候の挨拶」の例文を紹介します。
お手紙やお礼状を送る相手にあわせて、ご利用いただければと思います。

1月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    新春の候/厳冬の候/大寒の候/酷寒の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    さわやかな新年をお迎えのことと存じます/年明け早々でございますが…/松の内も過ぎて…/年が明け、厳しい寒さの中にも清々しさが感じられるこの頃です。/家族そろって郷里でお正月を迎えました。

  • 結びの挨拶

    寒さ厳しきおりから、お風邪など召しませぬよう/厳寒のおり、ご自愛ください。

2月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    立春の候/余寒の候/晩冬の候/春寒の候/向春の候/梅花の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    梅の便りが開かれるころとなりましたが…/梅のつぼみもやっとほころび…/立春が過ぎても厳しい寒さが続きますが…/少しずつ春めいてまいりました。/春色にわかに増し…/寒さの中にも早春の息吹が感じられ…

  • 結びの挨拶

    まだまだ寒い日がつづきますが、どうぞ御身おたいせつになさってください。/春の訪れを楽しみにすることにいたしましょう。

3月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    早春の候/春暖の候/春分の候/浅春の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    日差しのやわらかさに身も心もはずむ思いです。/朝夕はまだ寒く…/桃の節句も過ぎ日ごとに春めいてまいりました。/桜の開花が待ち遠しいこのごろですが…/沈丁春の甘い香りがただよい、春の訪れを告げています。

  • 結びの挨拶

    不順な天候がつづいておりますゆえ、どうぞくれぐれもご自愛ください。/まだまだ寒さが残っております。お風邪など引きませんようお気をつけください。

4月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    清和の候/陽春の候/桜花の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    花冷えの日々が続いておりますが…/花の便りが各地から聞こえる頃となりました。/春風が心地よい季節となりました。/春陽まぶしい毎日が続いておりますが…/若草も日増しに伸びてまいりました。/うららかな季節となりました。

  • 結びの挨拶

    季節の変わり目、どうかご自愛ください。/そちらの花便りもお聞かせください。

5月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    薫風(くんぷう)の候/新緑の候/立夏の候/葉桜のみぎり

  • 時候の挨拶(口語調)

    風薫るさわやかな季節となりましたが…/青葉の緑もすがすがしいころとなりました。/鮮やかな新緑に初夏の訪れを感じます。

  • 結びの挨拶

    御地ではまだ肌寒い日もあるかと存じます。どうぞおいといください。/庭のつつじが見ごろとなりました。一度お出かけください。

6月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    初夏の候/入梅の候/向暑の候/麦秋の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    雨に洗われて、庭の紫陽花の色が鮮やかです。/梅雨明けの青空が待たれる今日このごろです。 /梅雨冷えの肌寒い日が続いておりますが…/今日は久しぶりに青空が広がっております。/衣更えの季節になりました。

  • 結びの挨拶

    長雨が続きます。ご自愛くださいませ。/時節柄、お元気にお過ごしください。

7月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    盛夏の候/炎暑の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    海開き、山開きの便りに心躍る季節となりました。/日差しが日増しに夏らしくなってまいりました。/夏空がまぶしい季節となりました。/天の川が美しい季節になりました。/夏祭りのにぎわいも楽しく…/厳しい暑さが続いておりますが…

  • 結びの挨拶

    猛暑のおり、どうかお体にお気をつけて…/夏風邪などお召しになりませぬよう…

8月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    残暑の候/晩夏の候/立秋のみぎり

  • 時候の挨拶(口語調)

    あいかわらず暑い日が続いておりますがお変わりありませんか/土用明けの暑さひとしお強く…/夏を惜しんで海や山へ出かけてきました。/どうやら暑さも峠を越したようです。

  • 結びの挨拶

    残暑厳しきおり、皆様方のご無事息災を心よりお祈りいたします。/夏バテなどなさいませんよう、ご自愛ください。

9月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    初秋の候/清涼の候/新涼の候/涼風の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    九月とはいえ、まだ残暑が続いております。/台風一過の青空が澄み渡っております。/虫の音に秋の訪れを感じるころとなりました。/ひと雨ごとに秋も深まり…/実りの秋を迎えました。/日ごとに秋の気配が強まって参りました。

  • 結びの挨拶

    御地では朝晩はもうずいぶん冷え込むのでは…/季節の変わり目、十分お気をつけてください。/さわやかな秋をお健やかにお過ごし下さい。

10月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    清秋の候/秋涼の候/秋冷の候/紅葉の候/菊薫る季節

  • 時候の挨拶(口語調)

    すがすがしい好天が続く今日この頃です。/虫の音が聞こえる季節となりました。/銀杏の葉も日ごとに色づいてまいりました。/街路樹の葉もすっかり色づいて…/味覚の秋、芸術の秋となりました。/秋も日増しに深まってまいりました。/秋色いよいよ深まり、夜長の季節となりました。

  • 結びの挨拶

    ご家族の秋もまた実りの多いものでありますように、お祈りしております。/秋冷のみぎり、お体を大切に。

11月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    晩秋の候/向寒の候/初霜の候/暮秋の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    朝晩の冷え込みも厳しくなってまいりましたが…/木枯らしに冬の訪れを感じる季節となりました。/落ち葉の舞い散る季節となりました。/ひと霜ごとに山も色づいてまいりました。/初雪の便りが届くころになりました。

  • 結びの挨拶

    向寒のみぎり、お風邪にはくれぐれも気をつけて/めっきりと冷えこんで参りました。御身大切にお過ごしください。

12月の「時候の挨拶」と「結びの挨拶」

  • 時候の挨拶(漢語調)

    師走の候/寒冷の候/歳末の候

  • 時候の挨拶(口語調)

    師走の寒さが身にしみる頃ですが…/クリスマスソングが聞こえるころとなりました。/今年も残すところあとわずかとなりました。/暮れもいよいよ押し迫り、あわただしくなってまいりましたが…

  • 結びの挨拶

    年末ご多忙のおりではございますが…/どうぞおすこやかに新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。

内祝い 人気ランキング

Q&A内祝いの基本、教えて!