くらしのいっちょうら コラム

暮らしも心も豊かになる日常プレミアムな日用雑貨の実体験に基づいた商品レビューコラム。

Why? いっちょうら

店長である私(♂)の”リアル”な使い心地・商品ウラ話・なにゆえ『いっちょうら認定商品』となったのか?
をつぶやいています。

プロユースの切れ味を持つのこぎりプロユースの切れ味を持つのこぎり

こんにちは。
毎年同じことを言っているような気がしますが、今年もあっ!と言うまに終わろうとしていますね。
そして年末と言えば大掃除。

ミニマリストな生き方が主流になっている時代。
今年こそ、我が家でも要らない物を全部処分して、ミニマリストになれる気がする!
そんな自信に今、私は満ち溢れています。

それは何故かって?

今、くらしのいっちょうらの売場でも非常にお客様に評価を頂いている
“プロユースの切れ味を持ちながら、デザイン性も高いのこぎり”
を見つけたからなんです。

ユーティレスの特長は切る対象に合わせて刃の形状が異なるユーティレスの特長は切る対象に合わせて刃の形状が異なる

不要なモノを見つけるのは簡単ですが、それを処分するのって結構大変ですよね。

特に金属製のモノ(例えば、ながーい物干し竿だったり)や、衣類を収納する樹脂ケース(ほとんど空気なのにデカい)、庭にある伸びきった木の枝。
大きいので居住エリアの粗大ごみにダスト、いえ、出すと処分費用が発生する地域も多いと聞きます。

でも、そんな粗大ごみを解体出来る道具があるとしたら、不用品を一斉に処分しよう!という気になりませんか?

それを実現出来るのが、今回ご紹介する、プロユースの切れ味を持ったデザインのこぎり“ユーティレス”なんです。

ユーティレスの特長は、金属用・木用・クラフト用にそれぞれ3種類の商品が用意されている事。
画像上からクラフト用、木用、そしてメタル用(メタル用は実際に何度も使い込んだので表記の塗装剥がれています)。

世の中には、一本で何でも切れるという謳いの万能のこぎりはあるのですが、やっぱり切れ味を考えると切る物に合った刃を使い分けた方が圧倒的に切りやすいんです。
刃の形が、それぞれ違う事が商品の影を見ても分かるかと思います。

ちなみに、この商品は刃物の本場・兵庫県姫路市のメーカー”河部精密工業”さんが作っているメイド・イン・ジャパンの商品です。

実際に、この商品の切れ味を実証するために、粗大ごみ解体を僕のアシスタント(♀)と挑戦したのでご覧ください。

メタル用で樹脂ケースを解体!メタル用で樹脂ケースを解体!

まずは『メタル用』を使って樹脂ケースを解体してみました。
『メタル用』は、その名も金属製品(スチールパイプ・アルミなど)や、プラスチックなどの硬い樹脂素材のカットに向いています。

衣類を収納するような樹脂ケースも、上記のように解体。ゴミ袋に入るサイズに見事に切断です!

豆腐を切るように、とは正直行きませんがスイスイ刃は入っていきます。ユーティレスは、持ち手部分も刃の部分もハンディサイズ設計なので、しっかりと握りやすく刃も動きについてくるので押し引きがしやすいんです。

素材の特性上、切りクズは出てしまうので実際に行う時は何かシートを敷いた方が後片付けが楽かもしれません。

クラフト用でラグを切断!クラフト用でラグを切断!

続いて、『クラフト用』でラグを切断。
『クラフト用』は、段ボールをはじめ、発泡スチロールや絨毯、ペットボトルなんかに向いています。

少し薄めのラグでしたが、バケットを切るくらいの感覚でスイスイ切断する事が出来ます。気持ちいい!

ラグなどは燃やせるゴミなのに、長さや厚みがでてしまうので通常のゴミには出しにくいんです。でも、ハサミ等で切るのは途方にくれる。
そんな時にユーティレスさえ使えば、サクサクと解体できてゴミ袋に入るサイズにしてしまえるのです!

先日、ホットカーペットの本体を処分する際に、自宅にある大きなハサミで切ったのですが、指は痛いわ時間はかかるわ、でもっと早くユーティレスに出会いたかった!(アシスタント談)


そして、いよいよ一番気になる金属に挑戦です!

メタル用で物干し竿を切断!メタル用で物干し竿を切断!

今回は、直径25oの中が空洞の物干し竿でいざ実戦!
正直言って金属は、他の素材みたいに簡単に刃が入っていきません。
しかし、同じ個所を狙って細かくストロークで切る事で確実に刃が入っていきます。一度切り口さえできたらあとはスムーズです。

写真のように、腰の高さくらいの机の上で、片手で物干し竿を固定し切断をした場合、アシスタント(♀)の手で6分ほど時間がかかりました。
次に、物干し竿を低い位置に置いて、物干し竿の左右を固定して切断したところ、6分→3分30秒まで時間を短縮する事が出来ました。この時は一人&足で踏みつけての大胆な固定でしたが、2名体制だとよりスムーズかもしれません。

ちなみに、途中まで刃を入れて、ポキッと折ると画像真ん中のように少し破片?がつきますがスピーディーに出来ます。
正直、金属用に関してはスイスイーと鼻歌混じりに切る事は男性でも難しいです。しかし、物干し竿よりも切る場所が少ないモノ、例えば、パイプ椅子やゴルフクラブは、もっと楽に切る事が出来ると思います。

クラフト用のおすすめポイントクラフト用のおすすめポイント

個人的に一番使い勝手が良かったのは、『クラフト用』を使ってダンボールを切る時です。
通販会社だけに提案する訳ではないのですが、お届け時の不要ダンボールの解体は勿論のこと、私が使いたいのは、フリマアプリで商品を送る際のダンボールサイズを調整する時。
送料を少しでも下げるために、ダンボールのサイズを送るアイテムに合わせて小さくしたりしていませんか?

以前、家のハサミで無理やり切った時は途中でハサミの持ち手部分の方が割れてしまいました。。もちろん手も痛い。。普通のカッターでも切れ味が悪かったり、切り口がきれいでなかったり。
しかし、この”のこぎり”で切ると、コピー用紙を切っているような感覚でスイスイ切れるんです。折り目がない部分にも内側から切れ目をいれるだけで折りやすくなったり、工作感覚で送るアイテムに合わせたオリジナルサイズのダンボール梱包ができます。

是非、ベルメゾンの箱をフリマアプリ用のお届け箱として再利用して頂ければと思います(笑)


今回は、『ウッド用』はお試ししませんでしたが、ガーデニングやDIYを楽しまれる方にはお持ちいただけたらお役にたてること間違いなし、かと思います。

安全に収納できます安全に収納できます

ちなみに安心のロック付きカバーで、かつコンパクトなのでチェストの引き出しに収納可能。身近に置いておくと何かと便利だと思います。
ハンディサイズで刃ぶれも少なく安定した動作でカットしていけるので、大人の粗大ゴミ解体やDIY、ガーデニングをはじめ、お子さまと一緒に工作なんかも楽しめると思います。

デイリーユースなのに、切れ味も抜群のプロユースの切れ味を持ったデザインのこぎり“ユーティレス”
色んな用途に使って役立てて貰えると非常に嬉しいです!

それでは、またの機会に。



今回ご紹介した商品はこちら!

ページTOP

いっちょうらのご満悦アイテムいっちょうらのご満悦アイテム

 

url