【ソファー搬入ガイド】

ベルメゾンのソファーをお買い上げの前に必ずチェックしていただきたいソファー搬入のポイントをご紹介。

家具・収納 > ソファーの搬入ガイド

お買い上げの前に、きちんとチェック! ソファー搬入Q&Aガイド

「ソファーを購入したけれど、サイズが大きすぎてお部屋に入らない…」
そんな悲しい結末にならないように、お客様から寄せられる質問とともに、
お買い上げの際に必ずチェックしていただきたいポイントをご紹介!

お客様から寄せられる「ソファーの搬入」にまつわる疑問&質問をご紹介!

どんな梱包で届くの?

このような梱包でお届けします

ダンボール箱でソファーをカバーした梱包または、上下のみダンボール梱包(中央はビニール梱包)のいずれかでお届けいたします。
※ソファーによって梱包は異なります。

梱包イラスト

スペースにどれくらい余裕があれば搬入できる?

お買い上げの前にソファーサイズ&搬入スペースをチェック!

ソファーは、脚部やクッション以外はそのままの状態でお届けいたします。玄関、廊下、扉、階段、エレベーターなどで、ソファーのサイズ以上のゆとりが必要です。お買い上げの際は、ソファーのサイズや搬入に関わる通路の広さを事前にご確認ください。

まずは、ソファー本体のサイズをチェック!大型ソファーに該当する商品のサイズをチェック!
次に、搬入スペースもしっかりチェック!
エレベーターに注意!

エレベーターの開口部の高さ、幅、奥行きをご確認ください。ソファーが大きくてまっすぐ立てて入らない時は、ソファーを斜めに倒して搬入できるスペースの余裕があるかもチェックしましょう。

外階段に注意!

曲がり階段の通路幅・高さをご確認ください。踊り場がある場合は、踊り場の奥行き・通路幅・高さをご確認ください。

玄関に注意!

ドアの厚みやドアノブを含めた玄関幅をご確認ください。玄関ドアの幅がソファーよりも狭くても、入れる側の空間が広ければ、ソファーを立てて回転させながら搬入することが可能です。

室内廊下に注意!

ソファーを置いた状態で運ぶ場合は、ソファーの奥行きが廊下の幅よりも小さいかを確認。ソファーを立てた状態で運ぶ場合は、ソファーの高さが廊下の幅よりも低いかをご確認ください。

室内階段に注意!

曲がり階段の場合は、通路幅・高さをご確認ください。階段に手すりがある場合は、手すりからの幅でご確認ください。

室内ドアに注意!

ドアノブやドアのタイプによって、空間よりも実際の幅が狭い場合があります。ドアノブを含めた通路幅で搬入可能かご確認ください。

上手に搬入する方法は?

安全に運ぶコツを覚えておきましょう

ソファーを持ち運ぶのは重労働ですが、3つのポイントを押さえれば、意外と簡単に搬入することができます。

搬入ポイント1 毛布を使用する

要らなくなった厚手の毛布を用意し、ソファーの下に敷きます。毛布ごと滑らせるように移動させれば、簡単に搬入することができます。

搬入ポイント2 梱包を外す

梱包のまま搬入させると持ち運びの際に不安定になりがちです。梱包を外せばコンパクトになり、取り回しがスムーズです。ただし、突起物や壁などとの接触でソファーに傷をつけないよう注意してください。

搬入ポイント3 回転させる

場所によっては、ソファーが搬入しにくいことも。そんな時は、ソファーを立てて回転させながら搬入します。ただし、ソファーが倒れないよう十分注意しましょう。

お買い上げの前に、もう一度チェックしましょう!