キッチングッズおすすめコラム

料理上手になれるキッチングッズを担当バイヤーが語ります。


\ バイヤーいちおし /
キッチンアイテム vol.2

3人のキッチンアイテムバイヤーによる、この秋おすすめの商品“開発秘話”や“こだわり”
実際に使用してのおすすめポイントなどを熱く語るページです。

Wu Wen’s ONE ワンズパンWu Wen’s ONE ワンズパン

小回りの効くサイズ感ながら、こだわりがギュッと詰まったフライパン。
料理研究家のウー・ウェンさんがプロデュースしているWu Wen's ONEシリーズは、少ない分量でもちゃんと作って毎日健康な生活をしてほしい。
そんな思いから生まれた1~2人用に最適な調理道具です。
これひとつあれば、少人数分でも手軽に美味しく作れて、毎日の料理も楽しくなるはず。特にコンロがIHタイプの方にオススメです。


バイヤー菅が語ります。

IH調理器の普及に伴って、調理道具もIHコンロに対応できるように進化を続けています。が、あくまで一般的な仕様は、ガス火対応だった形状の底面に対してIHコンロに反応する金属プレートを貼り付けたものや、金属粒子を吹き付けたものです。
もちろん悪くはないのですが、IH調理器具は底面のみを温めるようにできているので、側面には熱が直接かかりません。
そうなると、底面のみを温めて、側面に温度が伝わりにくくなり、調理する時に思ったように調理できない!というケースが。
ガスコンロを長年使っていて、IHコンロに変えられた方はそう思われるのではないでしょうか。
「卵焼きを巻くときに、フライパンを傾けたら側面部分だけ卵が固まりきっていないので作りにくい」、「野菜炒めの際に、なかなか全体に熱が通りづらくてなんだかおいしくない」。
特に、本体がアルミニウム、底面に金属プレートを付けている仕様のものはこの現象が起こりやすいのです。

そんなお悩みをこの商品は解決してくれます。
全面アルミニウムとステンレスの2層構造になっているので、底面で受けた熱を、熱伝導率のいいアルミニウム層が側面まで素早く熱を伝え、そしてその熱を逃さないようにステンレスで保持する仕組みになっています。
ガス火からIHコンロに変えてなんだか使い慣れない、と思われている方にぜひとも使ってほしいです!

他にも、最高グレードのテフロンプロファイル加工、シンプルな形状、野菜炒めをしやすい形状、熱くなりにくい持ち手など、どこをとっても文句がありません。
安いフライパンを何度も買い替えるよりも、これをひとつ買って長く使っていただくと、実はお財布にも優しいということもオススメポイントです。

ワンズパン IH用 (Wu Wen's ONE)  ¥8,424〜11,124(税込)



 ワンズパン ガス火用 (Wu Wen's ONE) ¥7,020〜9,720(税込)

Wu Wen’s ONE ワンズポットWu Wen’s ONE ワンズポット

こちらも料理研究家のウー・ウェンさんがプロデュースしている「Wu Wen’s ONE」シリーズ。
ワンズポットは、トースター専用のごはん釜。ご自宅にあるトースターに入れてセットするだけ。手間いらずのすぐれモノです。


バイヤー菅が語ります。

『いつでもアツアツ炊きたてご飯を食べられる』を叶えてくれる逸品です。

アツアツの炊き立てご飯は美味しいですよね。でも、その時食べる分だけを炊くってことは意外と難しくありませんか?
炊飯器で炊いても、土鍋で炊いても、炊いた後は炊飯器の中、冷蔵庫、冷凍庫で保管、再度食べる時にレンジでチンする、ということが多いのではないかと思います。

でもいつでも炊きたてご飯が食べられたら・・・そんなことを思っていた時にこの商品に出会いました。

「まさかのトースターでご飯が炊ける!?」と最初は半信半疑でしたが、使ってみるとその便利さに感動しました。
手順は簡単。トースターに入れてタイマーをセット。10分もすると、お米の香りが周囲に漂い始めます。そのまま15分間は余熱で調理。
熱伝導性の高いアルミ鋳物の蓋と本体がピッタリと合わさって内部を均一に加熱し、高温の蒸気を逃がさない事で、お米がふっくらしていて甘味があり、ツヤのある美味しいごはんが炊きあがります。

このワンズポットを使うと、コンロも占領せず、トースターのタイマーを回すだけ。
ご飯を洗ってセットしてタイマーを回したら、その間におかずを作る。おかずが出来上がったらあつあつご飯も炊きあがっているので時短にも。
さらにうれしいのは、「家族は白米だけど私は玄米食べたい」、「おかゆ食べたい気分」などにも対応できること。
それに加えて私が信頼を寄せる北陸アルミニウム(株)製品。
これでいつでもアツアツの、自分の食べたいご飯が食べられます。調理の幅を広げてくれて、楽しくしてくれる。なんとも素敵な調理器具です。

ワンズポット (Wu Wen's ONE)  ¥7,344(税込)

iwaki パック&レンジシステムiwaki パック&レンジシステム

iwaki(イワキ)製のパック&レンジシステム、ベルメゾンのロングセラーのひとつです。
やはり永く愛される商品はシンプルで使い勝手がいいものなんですね。
仕事に、家事に忙しい人も増えて、常備菜を作る機会が増えた方も多いはず。そんなアナタにオススメです。


バイヤー小川が語ります。

平日は忙しく、料理を毎日する時間が無いのでよく作り置きをするのですが、この商品はそんな常備菜生活で重宝します。

まず、7点セットのバランスが非常に良いこと。
煮物など、一度にたくさん作ってかさばるものは一番大きな1.2Lサイズに収める事ができますし、野菜のナムルなど、ある程度量があるものは中間サイズの500mlサイズに、ちょっと余ったおかずは小さいサイズの200mlサイズに入れる事ができます。

次に、蓋を取り付けたまま電子レンジで使えるのもうれしいポイント。
いちいち蓋を外してラップをする必要がないので、冷蔵庫から出してすぐにレンジで温められます。
冷蔵庫での保存をする際にも中味が見えるので、何があって、どれぐらい残っているのか一目瞭然。
作り置きが傷んで無駄になる事が無くなりました。

そのまま食卓に出せるシンプルなデザインなので洗い物も減るからとっても便利。
実は、ベルメゾンで販売しているパック&レンジシステムは他ではなかなか見かけないホワイトカラーの蓋を採用しています。シンプルで永く使える事間違いなし!

作り置きをする方に是非ともオススメします。ちなみに、本体は耐熱ガラスなのでフタを外せばオーブン調理にも対応しています。グラタン作りなどにいいですね。

パック&レンジシステム 7点セット (iwaki)  \3,990(税込)



 パック&レンジシステム 単品 (iwaki) ¥1,290〜1,990(税込)

まいにち土鍋とお餅まいにち土鍋とお餅

土鍋は冬だけじゃもったいない。
一年中活躍できる土鍋を作りたい。
そんな思いを形にしました。
商品名も『まいにち土鍋』。毎日使いたくなるからこの名前にしました。
ご飯鍋としてはもちろん、焼くことも得意で、無水調理もお手のもの。土鍋で絶品無水カレーだってできちゃいます。でもそうは言っても冬が鍋の季節。そして冬はお餅の季節でもありますよね。
この土鍋といっしょにとてもユニークなお餅グッズもご紹介します。


バイヤー岩田が語ります。

決して、『いい土鍋』を作りたかった訳ではありません。美味しい料理を作れて、扱いやすい調理器具を作ろうと思ったんです。
またそれとは別に、土鍋はもったいない使い方をされていることが多いと感じていました。
土鍋の一般的なイメージって、寒い季節に登場するもので、春や夏には棚の奥にしまわれているもの。でも『土もの』と呼ばれる陶器には、遠赤外線の効果や、熱のまわり方に他と違う特徴があり、料理を美味しくする力が実はあるんです。

用途や使う季節に制限を設けずに、自由に使ってほしい!という気持ちからこの土鍋は生まれました。

つまり、『まいにち』活躍する土鍋です。

そのために必要だったことは、水なし調理OK!油をひいてお肉も焼ける!ご飯も炊ける!これらを全て詰め込む必要がありました。
様々な調理に対応できるよう、耐熱温度差にこだわり、原料の陶土を工夫することで耐熱温度差700℃を実現しました。また、釉薬にもこだわることで、ひび割れやカビが発生しにくいのも、『まいにち使う』と『永く使う』を叶えてくれます。

さらに、この土鍋をもっと多くの人に使ってほしいということで、IH対応のまいにち土鍋もご用意しました。

そして、そんな土鍋と合わせてオススメ!とバイヤー菅が語ります。

冬はお餅の季節ですよね。でも、何かと余ることもある角餅。そんな角餅のために画期的な商品が登場しました!
それが“モチスラ”と“モチケズ”です。
角餅をセットしてスライドさせたらスライス餅!角餅をセットしてくるくる回したらコナ餅に!

スライス餅はお鍋に投入(ぜひまいにち土鍋でスライス餅を美味しく召し上がってください)。コナ餅はたこ焼きに入れたり、お好み焼きに入れたり。
冬の食卓を囲んでのみんなでの食事時間を楽しくしてくれる逸品です!けずる工程もまた楽しい!

まいにち土鍋[日本製] (BELLE MAISON DAYS)  ¥6,460 〜8,620(税込)


 まいにち土鍋 IH対応[日本製] (BELLE MAISON DAYS) ¥14,900(税込)



固形もちを粉もちに変身!モチケズ  ¥1,080(税込)


 固形もちをスライスもちに変身!モチスラ ¥1,728(税込)

VitaCraftテンプパンVitaCraftテンプパン

『火加減』ではなく『温度加減』。これが新常識になるかもしれません。
感覚と経験に頼っていた火加減ではなく、素材や調理にあった温度を見ながら確認できる。それがこのテンプパンです。

プロの料理人は素材や調理方法によって火加減を調整しています。でも、なかなか家庭でその技術や感覚は身に付きません。
テンプパンならそれが叶います。料理初心者はもちろん、料理上級者もレベルアップ。
『温度の見える化』があなたの家庭料理を劇的に変化させてくれるでしょう。


バイヤー菅が語ります。

この商品を知った時、本音を言うと、「温度が見えて何がうれしいんだろう」、そう思いました。
温度が見えて「今、何度だ!」と楽しむものでもないし、調理中に今の温度は何度?と気にしたこともない。

そんな私でしたが、製造メーカーのビタクラフトの方に色々お話を伺い、どんどん興味がわいてきました。
このフライパンは、『お気に入りの味が不動のものになるフライパンである』ということ。
同じ料理をしていても、今日はうまくできた!なのに、同じ配合、調理工程なのになぜかうまくいかない日もある。そんな経験ありませんか?
テンプパンなら、うまくいった日の料理、うまくいかない日の料理を、温度で把握することができるのです。

また、付属のレシピも楽しく、野菜炒め、お肉を焼く、パンケーキを焼く、クレープ生地を焼く、全て少しずつ温度が違う。
“焼く”ということだけだと焦げなければいい。火が通ればいいのですが、“美味しく火を通す”ということが料理を美味しくするためにはとても大切であり、自分のお気に入りの調理加減を把握することができるのです。

何か実験をしているような楽しさもありますね。

私はこのフライパンを祖母に使ってもらい、祖母の美味しい料理をきちんとレシピにしたいと思っています。
祖母はいつもの調理器具じゃないと嫌がりますが、、、でも、なんとか祖母の料理を習得したいのです。今までは教えてもらっても、いつも目分量なので習得するのもなかなか難しかったのですが、このフライパンを使って祖母のおいしい料理を完全再現できるようになることが今の目標です。

テンプパン IH対応 (Vita Craft)  ¥17,280〜21,600(税込)







おばあちゃんを想うバイヤー菅のコメントに、じーん、としました。

それでは今回、ご紹介した商品はこちら!

ページTOP

url url url url url url url url url url