ぐっすり眠るために|良い睡眠を助けるおすすめのアイテムをご紹介

ぐっすり眠るためのコツ、おすすめのアイテムをご紹介。

<br>ぐっすり眠るために<br>


「眠りが浅い」「疲れが取れない」「肩がこる」そんな悩みを持った人へ。
よい眠りのためには、睡眠までの時間をどう過ごすかがとっても大切です。意外と知らない良い睡眠をとる方法と、快適な睡眠を助けるおすすめのアイテムをご紹介します。

毎日15分以上、リラックスしてお風呂に入れていますか?

質の高い眠りのためには、一日の終わりにじっくりと湯船に浸かり、体をあたためることが大切です。しっかりと体の表面を温めることで血液やリンパの巡りが整い、睡眠モードに。疲れのリセットにも繋がります。38〜40℃程度のお湯に15分以上浸かるのが効果の目安。

お風呂、といえばまず思い浮かぶのは入浴剤ではないでしょうか。温泉成分が入っていたり、ハーブの香りでリラックスしたり、温浴効果を高め体を芯まであたためることができる入浴剤がおすすめです。香りやお湯の肌触りも様々な入浴剤。いろいろ試してお気に入りを見つけるのも楽しいですよね。

また、浸かるお風呂だけでなく、シャワーヘッドを変えてみるのも快適なバスタイムのために効果的かもしれません。水の流れる穴が小さいヘッドを選べば、ミストのような柔らかな水流の優しい肌あたりで、心も体もリラックスできるはず。
お風呂上りには、足元はさらさらのバスマットで一番風呂ではない日も不快感とサヨナラ。体を拭くタオルも、柔らかさにこだわって選ぶと、お風呂上りが楽しみになるかも。「入浴」とひとことで言っても、お風呂の中からお風呂のあとまでこだわりポイントはたくさん。少しアイテムを変えてみるだけで、もっと快適なバスタイムを楽しむことができるでしょう。

お風呂上がりにクールダウンできていますか?

人は深部体温が下がり始めたタイミングで眠気を感じはじめるそう。
そのため、就寝前に入浴で少し体温を上げてから放熱を促し、眠りに入りやすい環境に体温コンディションを整える必要があります。
リラックスできる香りやパジャマなどのグッズも、快眠への近道に。


【身体をほどく】
パジャマは、睡眠の質に大きくかかわります。ごわごわしたり、締め付けが気になったり、かゆかったり。もっともリラックスしたい時間に身につけるものは、本当に自分の身体に合ったものを選びたいですよね。お風呂上りのリラックスタイムから朝起きるまで、身体をゆっくり休めるためのパジャマは、吸湿・吸水性や通気性、保温性にすぐれたものがおすすめです。

【リラックスタイムに】
スムーズに眠りにつくためにはお風呂あがりのリラックスタイムを設け、身体をクールダウンさせることが有効ですが、せっかく温まったからだが冷えすぎてしまうのは良くありません。暖かい飲み物を飲みながらお気に入りのアロマで心を落ち着かせたり、マッサージやスキンケアに時間を使うもよし、読書に時間を使ってみるもよし。リラックスしながらゆっくりを体をクールダウンさせ、眠りのための準備を整えましょう。布団に入ってから眠りにつくまでの時間をサポートするピローミストもおすすめ。

【身体を冷やさない、ぬくもりを逃がさない】
いざ布団に入ってからしばらくすると、寒い時期は鼻や口元が冷えて熟睡できない、という経験がある方も多いのではないでしょうか。さらには、寝ている間に喉が乾燥し、朝起きたときにイガイガしてつらいこともあります。そんなときにおすすめなのが、冷えやすい顔を温めながら、喉や鼻の感想も防いでくれるマスクです。薄手なら呼吸もしやすいですし、一枚おおわれているだけでずいぶん違うので、ぜひ試してみてください。
足が冷えて眠れない!という方にはレッグウォーマーを。わたしは靴下をはいて寝ると、寝ている間に指先が蒸れるような気がして苦手なのですが(同じ気持ちの方、きっといらっしゃいますよね……?)、レッグウォーマーなら、それも気になりません。体をあたためるには「首」とつくところをあたためるのが良いとききますので、寝るときは足首を守ることを意識してみてくださいね。

眠りに適した環境になっていますか?

眠る前に強い光を浴びたり明るさを感知したりすると、覚醒を促す交感神経が優位になり、スムーズに入眠しにくくなります。就寝前は部屋の照明を暗めにして、目に入る光の量を抑えるのがポイント。外部からの光や、音を遮るのに機能カーテンも有効です。

また、心地よい眠りのためには布団の中の環境も重要。リネンなどの吸湿性に優れた素材を取り入れ、布団の中の温度と湿度を快適に保ちましょう。ぐっすり眠ることは心身の回復にも繋がります。冬は室温も調節し、布団の中との温度差を小さくしておきましょう。

もちろん、体に合った寝具を選ぶこともとっても大切です。睡眠時に体を預ける敷布団やマットレスは、「硬すぎず、柔らかすぎない」ものを。枕は体に負担のかからない高さに加え、寝返りや横向きの寝姿勢が楽にできるかどうかも目安にしましょう。自分の適正な硬度や高さを知ることが、睡眠の質向上につながります。

LEDライト付きウッドアロマミスト

LEDライト付きウッドアロマミスト

¥5,280〜¥6,600(税込)

4.0 (4.0)

棚付きベッド

棚付きベッド

¥36,300〜¥58,300(税込)

3.7 (3.7)

どこでもセンサーライト +懐中電灯

どこでもセンサーライト +懐中電灯

¥2,333(税込)

4.6 (4.6)

コンセント付きサイドテーブル

コンセント付きサイドテーブル

¥8,138(税込)

2.5 (2.5)

遮光・遮熱・防音カーテン

遮光・遮熱・防音カーテン

¥6,611〜¥12,111(税込)

4.0 (4.0)

ページTOP

url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url url