簡単手作りパン

「30分でいろいろパンミックス」なら、短時間で簡単に美味しいパンが作れます。

公開日 2016年12月27日 〈レシピ提供:高松 良輔 さん〉

チョコがとろ〜り絶品スイーツパン

ダブルチョコクロワッサン

ダブルチョコクロワッサン

ココア生地にバターとチョコを練り込んだ絶品チョコクロワッサン。甘すぎないのでお子さまのおやつにもぴったりです。このメニューは30分ではなかなか作れないので、時間のある時にチャレンジしてみてくださいね。
※仕上がり:12個分(約10cm)

材料

30分でいろいろパンミックス
 パンミックス
1袋(220g)
 ドライイースト
1袋(4g)
           
砂糖
30g
冷水(5℃程度)
80ml
無塩バター(練り込み用)
50g
40g
ココアパウダー
5g
 
 
無塩バター(塗布用)
105g
板チョコレート(塗布用)
35g
卵(塗り卵用)
適量

使用道具

  • 計量カップ
  • はかり
  • シリコーンボウル(別売)
  • ※シリコーンボウルがない場合は、ボウルか強化ビニール袋をご使用ください。
  • フォーク
  • ヘラ
  • スプーン
  • 包丁
  • めん棒
  • バット
  • ラップ材
  • ハケ
  • オーブンシート
  • オーブン(レンジ機能付)
  • 冷凍庫

ワンポイントアドバイス

生地を分割した後、直径約20cmにのばしてバターと溶かしたチョコレートを塗りますが、しっかりと冷凍庫で冷やしておくと、重ねた時の生地のやわらかさが均一になりバターの溶けだしも少なくなります。クロワッサンは冷やしながらバターをはさみこむため、30分以上かかります。※「基本パン10レシピ」の「クロワッサン」のレシピもご覧ください。
★「形を作り、焼き上げる」(1)
  

下準備

バターは室温に戻してやわらかくしておく。板チョコを湯煎にかけ、溶かしチョコにしておく。
  

生地を作る

  1. 材料を混ぜる
    すべての材料をシリコーンボウルに入れて、粉っぽさがなくなるまでフォークなどで混ぜ合わせる。
    ※無塩バター(塗布用)・板チョコレート(塗布用)・卵(塗り卵用)以外の材料を混ぜてください。
    ※水は必ず冷水(5℃程度)を使用してください。
  2. 生地をこねる
    シリコーンボウルを使って生地を5〜10分間しっかりとこねる(生地に空気を含ませながら表面がなめらかになるまで)。生地がひとまとまりになり、シリコーンボウルにくっつかなくなればOK !
    ※シリコーンボウルから生地がすっとはがれるのが目安です。

形を作り、焼き上げる

  1. 分割してバター・溶かしチョコを塗り重ねる
    生地を8等分にし、すべての生地をめん棒で厚さ約5mm(直径約20cm)にのばして形をそろえる。
    7枚分の生地の片面にバター(塗布用)を15gずつ塗って、上から溶かしチョコ(塗布用)を5gずつさらに塗る。バターを塗った生地から順に重ね、最後にバターを塗っていない生地を重ねる。ラップ材で包み、冷凍庫で約30分冷やす。
  2. 分割して形を作る
    バターと生地をなじませるように、めん棒で生地をくっつけながらのばす。さらに大きな丸(直径約30cm)にしてから12等分にする。軽く引っ張りながら外側(底辺)から巻き込んで、巻き終わりを下にしてオーブンシートを敷いた天板にならべる。ハケで生地の表面に卵(塗り卵用)を塗る。
    ※バターが横から溶け出さないよう生地を常に冷たい状態にしてのばします。
  3. オーブンで焼く
    予熱なしの約240℃のオーブンで約18分焼く。
    ※オーブンの機種によって焼き時間が異なりますので、生地の様子を見ながら調整してください。

レシピ作者プロフィール

熊本製粉株式会社
高松 良輔さん
熊本製粉株式会社 高松 良輔さん
職業訓練指導員・製パン技能士(特級)の資格を持つ、製粉・製パンのプロフェッショナル。「30分でいろいろパンミックス」をあらゆる角度からサポートしていただいています。熊本製粉株式会社にて、国内外を問わずベーカリーの技術指導にあたっています。

レシピTOPページへ戻る

▲ページTOPへ