簡単手作りパン

「30分でいろいろパンミックス」なら、短時間で簡単に美味しいパンが作れます。

公開日 2017年3月8日 〈レシピ提供:安倍 竜二シェフさん〉

バター香るちょっとリッチなおやつパン

ガレット・ド・ママン

ガレット・ド・ママン

ガレット・ド・ママンは、ブリオッシュ風の甘い生地にグラニュー糖をまぶして焼いた、ちょっとリッチなおやつパンです。バターの香りとシュガーの甘み、しっとり濃厚な食感をお楽しみください。
仕上がり:10枚(直径約15cm)

材料

30分でいろいろパンミックス
 パンミックス
1袋(220g)
 ドライイースト
1袋(4g)
グラニュー糖
45g
牛乳
40ml
50g
ヨーグルト(プレーン)
20g
ビール
15ml
オレンジの皮・レモンの皮
少々
バニラエッセンス
少々
有塩バター(常温)
80g
有塩バター(冷蔵)
50g
*1gに切り分けておく
グラニュー糖
適量
卵(塗り卵)
適量

使用道具

  • 計量カップ
  • はかり
  • 泡だて器
  • シリコーンボウル(別売)
  • ※シリコーンボウルが無い場合は、ボウルか強化ビニール袋をご使用ください。
  • フォーク
  • ラップ材(またはフキン)
  • 包丁
  • ハケ
  • オーブンシート
  • オーブン(レンジ機能付)

ワンポイントアドバイス

1.パンをこねる際は生地を30℃以下にしないこと。
★下記レシピ「生地を作る」(1)
2.レシピにはこねた後「約5分生地を休ませる」、分割した後「さらに5分休ませる」とありますが、時間があればどちらも約10分休ませてください。焼き上がりが良くなります。
★下記レシピ「形を作り、焼き上げる」(1)

下準備

(1) 仕上げ用のバター50gを1gずつカットする。
(2) 牛乳を温め(40℃以下で)、グラニュー糖を溶かす。
(3) 卵、ヨーグルト、ビール、オレンジ・レモンの皮、バニラエッセンスをボウルに入れて混ぜ合せる。
(4) 2と3を入れて泡だて器で混ぜ合わせる。

生地を作る

  1. 材料を混ぜ、こねる
    下準備(4)とパンミックス半量をシリコーンボウルに入れて、粉っぽさがなくなるまでフォークなどで混ぜ合わせる。
    バター80gと残りの粉を少量ずつ入れながらこねていく。5〜10分以上しっかりとこねる。
    (生地に空気を含ませながら表面がなめらかになるまで)。
    生地がひとまとまりになり、シリコーンボウルにくっつかなくなればOK!

    こねあがり後の生地が冷たい場合はレンジで加熱する(生地が人肌程度に温まる状態が目安)。
    *電子レンジ500Wで15〜20秒加熱

形を作り、焼き上げる

  1. 生地を少し休ませ、分割しする
    生地が乾燥しないように、ラップ材(固くしぼった濡れフキン)をふんわりをかけ、約5分生地を休ませる。
    70gに分割し、丸めてから直径約15cmにのばし、さらに約5分休ませる。
  2. 仕上げる
    生地の表面に塗り卵を薄く塗り、1gにカットしたバターを5ヵ所のせ、さらにグラニュー糖をまぶす。
  3. オーブンで焼く
    予熱なしの240℃のオーブンで16~18分焼く。
    *オーブンの機種によって焼き時間が異なりますので、生地の様子を見ながら時間を調整してください。

レシピ作者プロフィール

Boulangerie Parigot /ブーランジェリー パリゴ[大阪市]
安倍 竜二シェフ
Boulangerie Parigot /ブーランジェリー パリゴ[大阪市] 安倍 竜二シェフ
15歳でパン業界入り。関西の有名ベーカリーやフランスで修業を重ねた後、2005年にお店をオープン。フランス伝統の発酵・熟成法を基本とした独自製法によるパンを販売しています。2011年・2013年には、パンの世界大会「モンディアル デュ パン」の日本代表としても活躍。

レシピTOPページへ戻る

▲ページTOPへ