女性をエガオにする靴

足にやさしいと美しいを叶える靴「べネビス/BENEBIS」|エガオノハナシ

no.005

「疲れにくいパンプス」で
30年愛され続けてきた
よろこび

GITA

今ではちょっと信じられないかもしれませんが、
数十年前まではパンプスはあたり前に足が痛くなるもので、
女性にとっては“我慢して履くもの”でした。

足へのやさしさにとことんこだわり
“疲れにくいパンプス”の開発に懸命に取り組んだ
開発スタッフが語る「エガオノハナシ」、はじまりはじまり。

暮らしそのものに寄り添って女性をエガオにできる靴。

暮らしそのものに
寄り添って
女性をエガオにできる靴。

シューズブランド、ベネビスは立ち上げから30周年を迎えました。

30年の間、いつの時代でも私たちが何より心待ちにしているのは、お客さまから寄せられるご意見です。

店頭販売とは違い、お客さまの顔が見えにくい通信販売では、お客さまからのご意見は開発に直接活かされることもある商品づくりの要であり、ベネビスを履いたことで靴の悩みが解消されたというお声は私たちにとってラブレターのような存在だからです。

たとえばこんなお声をいただいたことがあります。

「電車が止まってしまい仕方なく歩いて帰宅しましたが、履いていたのがベネビスのパンプスじゃなかったらとても無理だったと思います」。

「一日中歩きまわるテーマパークへ行ったのですが、女性らしくおしゃれがしたくてベネビスのパンプスを履いて行ったけど足が痛くならなくてたのしく過ごせました!」。

ベネビスの開発を続けていていちばんのやりがいは、靴の悩みが解消されたことで、お客さまの暮らしが少しでもよくなったとしることです。

そんなときは、これからも快適な足元を提供することで、お客さまをもっともっとエガオにしたいと肩に力が入ります。

もう、我慢してほしくないそんな願いからベネビスが誕生。

もう、我慢してほしくない
そんな願いから
ベネビスが誕生。

そもそもベネビス誕生のきっかけは、30年前に男性スタッフが、女性のみなさんが通勤パンプスをサンダルなどに履き替えて仕事をしている姿を見て「なぜ?」と疑問を抱いたことです。

尋ねてみると「あなたは男性だからわからないと思うけど、パンプスって長時間履いていると足が痛くなるからしんどくなるの」と言われておどろいたことで“疲れにくいパンプス”に着眼。

我慢しているのなら、足にやさしく疲れにくいパンプスがあればきっとよろこんでもらえるはず、という想いから開発がスタートしました。

とはいえ、開発がスタートした当初パンプスは「きちんとした足元を演出するもの」であり、履き心地を気にするものではありませんでした。今では当たり前かもしれませんが、当時は足が疲れにくいパンプスはとても新しい試みでした。

パンプスは足が痛くなるそんな「あたり前」を変えたい。

パンプスは足が痛くなる
そんな「あたり前」を
変えたい。

当時、合成皮革のパンプスは”つま先部分がほとんどかかとの真正面”にある、、、という、人間の足とは大きく異なる構造をしているものが主流だったようで、この構造とハイヒールが外反母趾の主要因との説が徐々に広まりつつありました。もちろん、外反母趾の原因はこれだけではありません。

だからベネビスは、この「つま先の位置を親指側(内側)に振る」、そして、多数の日本人女性の足がラクに入るような”内寸(ワイズ)”を確保した”木型”で靴をつくろうとしたのです。

ところが、これらの構造は「生産効率がとっても悪かった」ようで、靴業界で大ベテランの靴職人さんたちも悪戦苦闘の日々でした。しかし、当時のバイヤーや職人さんの頑張りがあり今のベネビスがあります。

「なぜかいつも、かかとだけが痛くなる」「一日履いていると足裏がすごく疲れる」など、パンプスを履く女性の困りごとを解消するために、かかとを安定させるかかとホールドや優れた衝撃吸収性を発揮するベネクッションなどを中敷に採用。

他にもハイヒールと、ローヒール&ミドルヒールで中敷構造を変えて丁寧に設計することで、足へのやさしさを進化させていきました。

また、お客さまからの要望で増えていった豊富なサイズ展開も、今ではベネビスの特長になっています。

いくら良い木型や機能的な中敷きを採用しても、サイズがきちんと合っていなければ意味がない為、一般的には取り扱いが少ない21cmや25.5cmなども展開。加えて、同じ23cmでも足幅が細めと広めから選べるなど、細やかなサイズ展開にこだわっています。標準より小さいサイズや大きいサイズのお客さまから、「サイズがなくて探す苦労が解消されました!」という、うれしいお声をたくさんいただきました。

30年間、改良に改良を重ねながら今のベネビスが掲げているテーマは、スーツやきれいめスタイルに合わせやすいベーシックなデザインと快適な履き心地は守りながら、「お客さまの要望」を臨機応変に取り入れることです。

あえて「ベネビススタイル」を固定しないことで、タイプも価格帯もサイズもかなり幅広く展開できていると思います。

ひとり一人のお悩みに丁寧に応える存在でありたい。

ひとり一人のお悩みに
丁寧に応える存在で
ありたい。

女性の靴を開発してきて実感することは、女性は靴に対してなんて様々な悩みを持っているのだろうということです。近頃のベネビスでは、ピンポイントな悩みに応える企画も行っています。

これは実際に寄せていただいたお悩みに応えた靴を開発し販売するという企画で、最近では札幌の方からの凍った道や雪解け道で滑りにくいブーティがほしいというご要望を受けました。

カジュアルで機能的な防寒ブーツは外歩きではいいけれど、ショップや地下道では暑いし不釣り合いなので、見た目がおしゃれでヒールもあって防水性も備えてほしいなど、細やかな要望を網羅したブーティを開発。雪国以外でも冬の凍てつく朝の路面は滑りやすいので、依頼者はもとより、多くの方に共感してもらえるだろうと考え商品化しました。

また静電気に困っている方からの要望で、静電気は履物に影響されることから、電気をためずに通す靴底を採用したブーツとパンプスをつくり、とてもよろこんでいただけました。

この企画には、ベネビスを履いた方ひとり一人が「足元の悩みを解消できて、暮らしが快適になってほしい」という願いが込められています。女性にとって足元の快適性は一日の気持ちを左右するほど大切なことだと思うからです。

たとえば、ベネビスを履くことで、がんばる日の足元が少しでもラクになったり、かしこまった席での緊張がやわらいだり、商談の場で対話に集中できたり、大切な記念日がスムーズに進行したり-----。

靴でたくさんの女性をエガオにしたい。それが叶ったら、これ以上うれしいことはありません。

voice
バイヤー 川端バイヤー
バイヤー川端バイヤー

ベネビスでは、お客さまからの熱い要望で復刻企画をよく開催しています。丁寧な直筆のお手紙で、今はもう販売していない靴の絵を描き添えて再販をお願いされたり、ファンミーティングに昔購入された靴を持ってこられて再販依頼をされることもあるので、可能な限り復刻するようにしています。
また30周年を迎えて、母娘2代でベネビスを愛用されているというお声も増えてきており、
愛され続けてきたことを誇りに思っています。これからも女性の悩みに応える靴をつくり続けて、40周年、50周年を迎えられるシューズブランドでありたいですね。

エガオノハナシTOPに戻る