夏の暑さ×湿度の不快感に負けない寝具

自然由来の快適素材でつくった接触冷感寝具|エガオノハナシ

no.038

自然な涼しさで
ひんやりと眠る夏

[ボタニクール]
自然由来の素材でつくった接触冷感敷きパッド

日本の夏は、いつからこんなにも暑くなったのだろう、
寝苦しさにそう感じる方も多いはず。

一晩中冷房をつけておかないと眠れない、
でも次の日の身体のだるさも気になるし、
せめて冷房温度をできるだけ上げようか…。

そんな夏のジレンマを少しでも解消できるよう、
理想の冷感寝具づくりに取り組んだスタッフが語る
「エガオノハナシ」、はじまりはじまり。

寝転んだ瞬間の冷たさと快適さにうっとりしてほしい。

寝転んだ瞬間の冷たさと
快適さにうっとりしてほしい。

近年の夏は昔よりずっと暑さが厳しいため、ひんやりとした感触を得られる冷感寝具が大変な人気です。
実際、市場には数々の冷感寝具が出まわっていますが、ひんやり感を高めるために化学繊維を使ったものがほとんどです。

化学繊維は確かに冷たいのですが、一方で汗を吸いにくく寝具内がムレやすかったり、肌触りがベタつきやすかったりという欠点があります。

ベルメゾンでもこれまで様々なタイプの冷感寝具を販売してきましたが、ベルメゾンのお客様はナチュラルな風合いを好む方が多いため、以前から自然由来の綿素材などの冷感寝具も扱ってはいました。

でも綿素材の冷感寝具には、「肌ざわりが好きだし汗も吸うから寝心地はいいけれど、ひんやり感が足りない」というお声が寄せられていました。

綿のような吸湿性と吸汗性はキープしながら、綿にはないひんやりとした心地よさのある寝具を開発できれば、きっと皆さんの夏の眠りが変わるはず。どうにかして、「風合いのよさ」と「しっかりとした冷たさ」を両立させたい。

そんな想いから、自然由来の素材を使うことを基本テーマに、これまでにない冷感寝具の開発がスタートしました。

完成まで一年以上かけた渾身作だと知ってもらいたい。

完成まで一年以上かけた
渾身作だと知ってもらいたい。

「風合いのよさ」と「しっかりとした冷たさ」を両立させた新しい寝具づくりのために、まずは市場に出まわっている冷感素材の調査をはじめました。

ありとあらゆる冷感寝具を取り寄せて実際にふれて、感触と冷たさを確認。寝具だけにとどまらず、たとえば真夏の日中も外で作業される人向けにつくられたワーク系の衣類に使われている素材を試したり、一見接触冷感素材とうたわれていなくても触るとひんやりする素材を集めてみたりと、バイヤーチームみんなで研究し尽くす日々でした。

そうしてようやくたどりついた自然由来の素材を基に、さらに糸の太さや生地の織り方など独自の工夫を重ねることで完成したのが、[ボタニクール]接触冷感敷きパッドです。

開発当初からのテーマだった「しっかりとした冷感性」は守っているので寝転んだ瞬間からひんやりと心地よく、「とてもなめらかなシルキータッチ」にもこだわったため、通常の寝具開発の数倍となる一年以上の月日を費やしました。

外も中も自然由来の素材だから快適さがぜんぜん違う。

外も中も自然由来の素材だから
快適さがぜんぜん違う。

[ボタニクール]接触冷感敷きパッドは、中に入れるわたにも自然由来の素材を採用しています。直接手でふれることのない、中わたにまで自然由来の素材を使ったことは正直とても贅沢なことだと思います。

そこまで自然由来の素材にこだわった理由は、一般的な冷感寝具の中わたに多用されている化学繊維はどうしても吸水性が悪いものが多く、夏は特に寝汗をかくので寝具内がムレてしまうからです。

夏に来日した外国の方々に「こんなに過ごしにくいとは思わなかった」と言われてしまうほど、厳しい日本の夏を快適にするカギは湿度にあります。

市場の冷感寝具は「冷たさ」ばかりが強調されていますが、特に高温多湿な日本の夏の不快感は湿度が大きく関係しています。しっかり汗を吸ってくれる[ボタニクール]接触冷感敷きパッドは、湿度の不快感も軽減するので日本の夏にぴったりです。

一枚敷くだけで暑い日の眠りが快適になる。[ボタニクール]接触冷感敷きパッドがそんな存在になれたら、開発者としてこれ以上のよろこびはありません。

この夏の日々を変える。届けたいのは「健康的な眠り」。

この夏の日々を変える。
届けたいのは「健康的な眠り」。

近年はひと晩中、冷房か扇風機をかけて眠るご家庭も多いと思います。

そのため、夏の寝具はタオルケットが主流だったひと昔前とは違い、軽めの布団かキルトケットなど中わた入りで程よく防寒性のあるタイプが人気です。おかげさまで好評につき現状は品切れとなっていますが、[ボタニクール]は接触冷感キルトケットもご用意しています。

[ボタニクール]冷感寝具を皆さんの暮らしに取り入れることで、暑い日はどうしても下げがちな冷房温度に貢献できればと思っています。寝室をキンキンに冷やすのではなく、ぜひ適温で眠っていただきたい。

[ボタニクール]が提供したいのは、夏の暑さ×湿度の不快感に負けない「健康的な眠り」です。眠りを少しでも快適に、朝起きたときからエガオになれる、そんな夏の日々を願っています。

voice
岡田バイヤー
岡田バイヤー

試作品が完成した段階で[ボタニクール]冷感寝具を実際に使用。自分が使ってみて「夏の眠りが変わるはず」と実感できたことで、自信を持って販売をスタートできました。

今年デビューした[ボタニクール]ですが、お客様から「肌ざわりがとてもよく、やわらかくてひんやり。ほかの商品とは違いを感じます」などの嬉しいレビューもいただき手応えを感じています。

今はまだ敷きパッドとキルトケットの2アイテムですが、今後アイテム数を増やしながら冷感寝具シリーズとして大切に育てていきたいですね。

エガオノハナシTOPに戻る