隅々まで行き届いた気配りが長く愛される理由

大人気ロングセラー子供服「GITAウィンドブレーカー」|エガオノハナシ

no.047

「ずっと着させたい」の声が届く
大人気ウエアに込めた想い

GITAウィンドブレーカー
キッズカタログ
バイヤー 寺尾
キッズカタログ
プランナー 池内

子どもがすすんで着たくなるほど快適で、通年使えてこだわりの工夫がいっぱい。

ベルメゾンの数ある子ども服の中でも、特にママたちから絶賛の声が次々と届く大人気ロングセラーのウィンドブレーカーがあります。

そんなウィンドブレーカーに長く関わってきた開発スタッフにお仕事への想いや一着に込めたこだわりなどを伺いました。

子どもの「快適」がママの「らく」になるを目指して。

子どもの「快適」が
ママの「らく」になるを目指して。

まず、お二人のお仕事について
今のお仕事を希望した動機も含めてお聞かせください。

寺尾:キッズカタログのバイヤーを担当しています。子どもといっしょに毎日を過ごすママと、自分の要望を具体的に表現することが難しい子どもたちの願いを、次々と叶えていく気持ちで商品を開発しています。
入社して10年になるのですが、入社当初から今所属している育児事業部を希望して、ずっとキッズカタログを担当しています。希望した理由は、当時先輩が子ども服開発のおもしろさをクイズ形式でわかりやすく教えてくれたことです。 たとえば、「子どものパンツのヒザ部分を二重にしているのはなぜ?」答えは「子どものパンツはヒザから破れがち。だから破れてしまってもいいように、かわいい星柄の生地を身生地の下に重ねているのです」など。
よい子ども服を作ることで実際の暮らしをサポートできる、大きな可能性が見えて、自分もぜひやってみたいと切望しました。

池内:キッズカタログのプランナーを担当しています。子どものエガオが増えてママがらくになる、そんな服やモノができればと企画や商品を考えています。
私はプライベートでは3人の男子の母でもあります。子どもを育てていく中で実感しているのは、わが家に限らず子どもは本当に着るものにこだわりがあるということです。ちょっとでも着心地が悪かったり、動きにくかったりすると二度と着てくれないので、「子どもたちが、よろこんで毎日着たくなる」そんな服づくりをしたいと思っています。

隅々まで行き届いた気配りが長く愛される理由。

隅々まで行き届いた気配りが
長く愛される理由。

お二人が長く携わってこられた
GITAウィンドブレーカーはどのような商品ですか?

寺尾:まず子ども服の開発は、実生活に役立つ機能を見つけるのが大変です。今までの商品では、お客様からお褒めの言葉をたくさんいただいた、名札による生地の穴あきを防ぐ「名札ココワッペン」や、汚れたらくるりと回せる360°スタイなど。デザインとはまた違ったポイントにもご期待いただいているので、販売がスタートしてみないと反響がわからないことが多いです。

池内:その上で、[GITAウィンドブレーカー]には役立つ機能を上手に盛り込めたと思います。表地は風を通しにくいリップストップ素材、肌があたる裏側は綿100%のカットソー素材で年中快適な着心地に。さらに、袖裏を薄手のタフタ素材にして子どもがスルッと腕を通せるように工夫しています。

寺尾:今は園や学校でフードが禁止はあたり前になっていますが、まだ浸透していなかった2010年のシリーズ販売スタート時から、安全面を考えてフードを襟に収納できる機能をプラスしました。安全面でもう一点、後ろの切替え部に再帰反射テープが付いていて、少し暗くなっても車のライトを反射してくれるので安心できます。
また、ファスナーは子どもでも上げ下げしやすいように引手付きで、園や学校でお友達の洋服と間違えないようにお名前ネーム付きに。さらに、ポケッタブルで小さく持ち運びできて携帯しやすいなど、本当に細部までこだわりが詰まっています。

繰り返しのリピートや兄弟姉妹ペアが最大のよろこび。

繰り返しのリピートや
兄弟姉妹ペアが最大のよろこび。

今では大ヒットロングセラーとなった
GITAウィンドブレーカーですが
ヒット商品に関わり続けることのやりがいは何でしょう?

池内: [GITAウィンドブレーカー]にはこれまで、お客様レビューを通してうれしいお声がたくさん届いています。特にうれしいのは「サイズアウトしたからまた購入しました」や「上の子どものために購入したけれど、下の子にも買いました」など、本当に気に入ってくださっていることが伝わってくるお声です。
同じものを買い続ける、お揃いで買っていただけることは、大人の服にはない子ども服ならではのことだと思うので、そこも子ども服の企画に関わっているやりがいのひとつですね。

寺尾:お客様からいただく商品レビューは、よいお声もお叱りのご意見もとても大切で、実際の商品開発に活かすことは日常茶飯事です。[GITAウィンドブレーカー]については、お褒めの言葉ばかりが届くのが特徴のひとつとなっています。そんな風に、広くみな様によろこんでいただける商品に携われたことを誇りに思っています。 「子供が成長しても着用できるよう、変わらず販売し続けてほしい」というお声も多いので、品質を維持し、リニューアルをせずにきましたが、2020年秋からは裏起毛素材を使った「あったかタイプ」が新しく登場しました。
秋冬の気温に合わせて表の生地にも厚みを持たせ、撥水機能もプラスしていますが、[GITAウィンドブレーカー]は繰り返し購入いただいている方が多いので、お値段が上がると少し悩まれる方がいらっしゃることを配慮して今まで通りの価格にしています。お求めやすいので兄弟や姉妹ペアもおすすめです。

あっという間に過ぎる子ども時代に+αの幸せを届けたい。

あっという間に過ぎる子ども時代に
+αの幸せを届けたい。

最後にこれからどのようなキッズアイテムや
カタログを開発されたいかをお聞かせください。

寺尾:子どもの服を一日中扱ったり、キッズモデルと関わることが多い育児事業部で、スタッフがいちばんよく発する言葉は「かわいい!」です。そのせいか、事業部内はおだやかな雰囲気で、いつも和気あいあいと、どんなに忙しい時期でもたのしくモノ作りができています。自分が日々感じているモノ作りのたのしさを、上手に商品に活かしていきたいです。
ベルメゾンは女性がとても多い会社で、身近なところから子どもと過ごす時間の「幸せ」も「苦労」もたくさん耳にします。少しでも「苦労」を「幸せ」に、また「幸せ」は「もっと幸せ」に変えていけるよう、「子どもとの毎日に+αの幸せ」をお届けできるような素敵な商品を、これからも作っていきたいですね。

池内:私自身もですが、子育て中は何かと忙しくて毎日がバタバタと過ぎていってしまっているかもしれません。子育てを卒業された先輩たちからは、「子どもと過ごす時間はあっという間だよ」「今しかないんだよ」と言われることもあります。
そんな貴重な時間をもっと大切に、もっとたのしく、もっとエガオで過ごしてもらいたい。ベルメゾンキッズのカタログや商品がその助けになれば、心からうれしく思います。

エガオノハナシTOPに戻る