「ちょこちょこ」の珪藻土キッチンツール

「ちょこちょこ」で癒され、キッチンにたつのが楽しくなる|エガオノハナシ

no.041

存在そのものが思い出になる
[ちょこちょこ]をいつもそばに

[ちょこちょこ]
珪藻土キッチンツール

慌ただしく働いた平日の夜、
「さあ、夕ご飯を作らなくちゃ」ってキッチンに立っても
疲れて気分が乗らない…なんて日もあるはず。

でも目にするだけで気持ちが晴れて、
料理がはかどるキッチンツールがあれば
自然と心が浮き立つはずです。

そんな可愛くてたのしいキッチンツール誕生の秘話を
開発スタッフが語る「エガオノハナシ」、はじまりはじまり。

誕生から25年、世代を超えて愛される存在に。

誕生から25年、
世代を超えて愛される存在に。

ほのぼのとして、ちょっとだけシュールなキャラクター[ちょこちょこ]シリーズは、1995年に毎月1回お届けする頒布会スタイル[月刊ちょこちょこ] で誕生。

今年で25周年を迎えて、誕生当初からずっと買い続けてくださっているファンの方もたくさんいる人気シリーズへと成長。子どもの頃に親子で[ちょこちょこ]の文房具を愛用。今また、ご自分のお子さんといっしょに使っている。そんなお声もよく耳にします。

実際、ベルメゾンにも小学生のときから[ちょこちょこ]ファンで、[ちょこちょこ]愛から入社したスタッフも多数在籍。それほど、世代を超えて長く愛され続けるシリーズに携われていることを誇らしく思いますね。

キッチンに立つたびほっこりする仕様がこだわり。

キッチンに立つたび
ほっこりする仕様がこだわり。

もともと[ちょこちょこ]は「楽しくお仕事をしてほしい」との願いを込めて、頒布会スタイルで文房具をオフィスにお届けしていました。

慌ただしい時間にこそ[ちょこちょこ]でほっこりしてほしい、そんなスタート時の願いを受け継ぎ、今回はキッチンに立つたびに癒しになるツールを企画。機能性はもちろん、なごめるデザインや仕様が[珪藻土を使った吸水・吸湿キッチンツール]のこだわりです。

毎月1回お届けする、[あざらしくん]がコップを抱っこしているみたいな水切りトレイや、[うさぎのののん]をかたどった調味料用スプーンなど、キッチンが明るくなって可愛さも満点だと自負しています。

パッケージにも[ちょこちょこ]のキャラクターをプリントして「届くたびにワクワク」する仕掛けをプラス。プレゼントにもぴったりです。[ちょこちょこ]の愛らしいルックスで、キッチンに立つことが少しでもたのしくなれば、開発スタッフとしてこれ以上のよろこびはありません。

[ちょこちょこ]の最大の魅力、可愛さはゆずれない。

[ちょこちょこ]の最大の魅力、
可愛さはゆずれない。

今回のキッチンツールにはすべて珪藻土を使用していますが、珪藻土の魅力は何と言っても吸水性と吸湿性のよさです。コースターは水滴をしっかりと吸い取りますし、調味料用スプーンはさすだけで湿気を防げる優れモノです。

珪藻土づくりに長けたメーカーに製作を依頼したので、機能面では特に苦労なく開発は進行。誤算だったのは、職人さんは絵を描くのがはじめてだったことです。

市場に出ている珪藻土製品は、形はシンプルで無地のものがほとんど。珪藻土づくりにおいては精緻な技術を持つ職人さんも、絶妙な顔のパーツ位置や色味を忠実に描くことにとても苦心されて…。何度も試作をお願いして、[ちょこちょこ]らしい愛らしさを再現できたときは心底ほっとしました。

塗料も食品に無害なものを探したり、長く[ちょこちょこ]に携わってきた開発チームにとっても今回のキッチンツールは、はじめての経験ばかりでとても勉強になりましたね。

心の温度を上げてくれるそんな力が宿っています。

心の温度を上げてくれる
そんな力が宿っています。

最近、お客様から寄せられたご意見の中で特に心に残ったのは、以前に頒布会で購入して大切にストックしていた[ちょこちょこ]の手ぬぐいで、マスクをつくって子どもの保育園に寄贈したというお話。

子どもたちが[ちょこちょこ]柄のマスクを着けている姿を想像するだけで、心がほんわかとしました。お子さんにとっても、子ども時代のあたたかな思い出になれば素敵ですよね。

出会った人みんなの心の温度を上げてくれる…。[ちょこちょこ]にはそんな力が宿っていると思います。

25年間愛用してくださっている方のように、気がついたら長い時間あたり前のようにそばにいる、そして何年経っても目にするたびにほっこりする。[ちょこちょこ]が皆さんの日常の中で、そんな存在になることを心から願っています。

voice
上月プランナー 藤原バイヤー
上月プランナー
藤原バイヤー

今回ご紹介した頒布回スタイルのキッチンツールのほかにも、単品で購入できる[珪藻土を使ったグリルでスチーマー]もおすすめです。

2秒濡らして食パンといっしょに焼くだけで外はサクッ、中はふんわりとした仕上がりに。魚を焼くときやレンジで揚げ物の温めなおしをするときも、実際にスタッフが毎日使って「おいしい」と感じた自信作です。

共働き世帯が多い近年では、慌ただしい気持ちのままで台所に立つことも多いはず。だからこそ、そこにあるだけでエガオになれたり、無機質なキッチンの彩りになったり、暮らしに潤いを添えるキッチンツールを提案したいと思いました。こだわりの機能性で便利さにも自信があるのでぜひ使ってみてくださいね。

エガオノハナシTOPに戻る