内祝いの基本

出産内祝いの相場や贈るタイミング、おすすめの商品などをコラム風に紹介

知ってて安心 内祝いの基本マナー知ってて安心 内祝いの基本マナー

感謝の気持ちを伝える「内祝い」ですが、普段あまり意識しないしきたりなので、わからないことも多いのではないでしょうか。想いをきちんと届けるために、内祝いの基本となるマナーをおさらいしてみましょう。

対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ対象商品送料無料キャンペーン中 ベルメゾンの出産内祝いへ

これがおすすめ!快気内祝い

快気内祝いのおすすめ商品をご紹介!

病気が全快した感謝の気持ちを、快気内祝いにこめて。病気見舞いをいただいた人には、快気内祝いを贈るのが慣例です。紅茶やクッキーなどを贈って、感謝の気持ちを伝えましょう。

快気内祝いは、退院後1週間から10日ぐらいまでを目安に

入院や療養のお見舞いをいただいた人に、「おかげさまで元気になりました」という感謝の気持ちをこめて贈るのが快気祝いです。退院後1週間から10日目ごろ、遅くとも1ヶ月以内に贈るのが好ましいでしょう。

消耗品やお菓子など「後に残らない」贈り物を。

予算は、いただいた額の半額から3分の1程度を目安に。快気祝いの品には、「病気を洗い流す」という意味で石けんや洗剤などの消耗品や、「(病気が治って)後に残らない」お菓子がよく選ばれます。

アソートギフトセット

お菓子の詰め合わせは、快気内祝いに一般的。

おすすめの快気内祝い品は、紅茶やクッキーなどの詰め合わせ。職場など大勢に配る場合に大きな詰め合わせをまとめて贈ってもいいですし、ひとりずつ配る場合には小さな詰め合わせやプチギフトもgood。ハンカチやタオルなどの実用品もおすすめです。

紅茶・クッキーセット

病気を繰り返さないよう、結び切りの水引を。

快気内祝いを贈る場合はのし紙を掛け、「病気を二度と繰り返さない」という意味を込めて、結び切りの紅白の水引を掛けます。表書きは「快気祝い」または「快気内祝い」と書きます。

ベルメゾンの内祝い 人気ランキング