通販カタログ・通信販売のベルメゾンネット

  1. ベルメゾンネットTOP
  2. キッチン用品・調理器具
  3. 鍋・フライパン・調理器具
  4. フライパン
  5. 窒化鉄フライパン 極JAPAN(RIVER LIGHT)
窒化鉄フライパン 極JAPAN(RIVER LIGHT)

窒化鉄フライパン 極JAPAN(RIVER LIGHT)

価格 ¥4,320〜¥7,236 (税込)

4.5
(4)

合計獲得ポイント: 20ポイント〜

ポイントについて詳しく

サイズを選択してください

数量

郵便番号からお届け日を確認 - 各地域ごとのお届け日数

商品説明

美味しく調理出来て丈夫で長持ち、お手入れも簡単。

鉄のフライパンは、タップリ蓄えた熱を食材に素早く伝える特性が優れているため、食材の栄養や旨味の流出を抑えてくれるので、料理が美味しく仕上がります。また、鉄分摂取にも役立つというメリットもあり、近年大変見直されています。極JAPANは、鉄に特殊(窒化)熱処理を施すことで極めてサビにくくなり、使用後のお手入れが簡単になりました。 この表面はとても丈夫なので、金属タワシでも傷が付きにくく、剥がれにくい仕様です。安心して長く使え続けられる道具です。
■IH使用可

お手入れ簡単で、極めて錆びにくい。究極の鉄フライパンが登場。

  • すべては、おいしくて健康にいい料理をつくるために。

    すべては、おいしくて健康にいい料理をつくるために。

    「道具は、丈夫でなければならない。使いやすくなければならない。そして、美しくなければならない。-親子3代で愛用頂けるフライパンをつくる。それがリバーライトの仕事です。」
    このコンセプトをかかげるリバーライト。1976年にアメリカのテイラー&ウイング社のフライパンを、日本の家庭に合うように改良して「オムレツパン」をつくって以来、リバーライトは「良い道具は使い手の生活の質を向上させ、人生をより豊かにするきっかけになり得る」という信念のもと、鉄フライパンにこだわりつづけています。
    私も、鉄のフライパンでつくる滋味ふかい味わいの料理は大好きです。素材のうまみを活かし、お肉はジューシーに、野菜はシャキっと仕上がります。
    でも、鉄製のフライパンって、手入れは面倒だし、重いし、錆びるし、、、と採用担当の私も、正直ハードルが高いと思っていました。
    ただ、この「極」。理想的な鉄フライパンです。特殊熱処理を施し、極めて錆びにくく、かつ強靱さも実現。使い込むほどに油がなじみ、焦げ付きにくく育っていきます。
    実際に使用し、「鉄フライパン、コツをつかんだら全然難しくない!」と実感しました。リバーライト「極」フライパンについて、くわしくご説明します。(採用担当K・N)


リバーライトが大事にしている3つのポイント

  • 丈夫であること。

    丈夫であること。

    まずひとつは、丈夫であること。鉄という素材そのものが、耐熱性も高く、強靱です。他のコーティングされているフライパンのように剥げる心配もなく、まさに一生ものと言える道具です。
    この写真は実際に私が使用しているフライパン。
    まだ半年ほどしか使ってませんが、たわしガシガシで洗っても、高温で調理しても全然平気。

  • 充分な機能を備えていること。

    充分な機能を備えていること。

    「極」は、鉄に特殊熱処理を施したフライパン。
    特殊熱処理とは、鉄板の表面に「窒化鉄層+酸化鉄層」を形成させること。極めて錆びにくく、かつ強靭なフライパンが実現します。
    さらに鉄ならではの火の回りの良さで、料理をおいしく仕上げます。

  • 使うほどに愛着が湧くこと。

    使うほどに愛着が湧くこと。

    鉄フライパンは「育てる」とよく聞くと思います。鉄はタフな素材で、一般的にコーティングも施していない素材なので長持ちする。でも「極」はそれだけではありません。
    錆びにくいのでお手入れもしやすく、使い込むほどに油がなじみ、焦げ付きにくく育っていきます。
    使うほどに、あなたの一番使いやすいフライパンになっていきます。

手入れをするほど、こびりつきにくく。長く使うほど、味わい深く。自分だけのフライパンに。

実際のところ、使い心地ってどうなの?

  • 採用担当のバイヤーも愛用中!調理からお手入れまで。

    採用担当のバイヤーも愛用中!調理からお手入れまで。

    鉄フライパンは、正直最初、絶対めんどくさい・・・料理の仕上がりが違うと言っても、そんなに?と敬遠していました。でも、そんな先入観を覆してくれたのがこの「極」フライパン。丁寧な説明書が入っているので、それにしたがって油ならしをして・・・使い始めたのですが、2回目くらいのときに、油返しを忘れて使うと、(当然ですが)焦げ付いてしまって、すぐに説明書にしたがって、熱湯をわかし、焦げをふやかして、たわしで擦ればスルリ。簡単に焦げが落ちました。そこからは必ず油返しをして使用していますが、やはり鶏肉などは皮がパリっとして、とっても美味しいです。餃子や炒飯など、油を使う中華料理もジューシーな仕上がりに。ふだんは、料理によってフライパンを使い分けているので、炒め物をするときは鉄フライパンを使用しています。
    使い始めて半年ほど。当初は使うほど焦げ付きにくくなる、、も半信半疑でしたが、今ではほぼ焦げ付くことなく調理できています。
    写真は、鶏肉と野菜の炒めものを作ったときの一連の流れを写真におさめてきました。水っぽくならず、美味しくしあがりました。
    鉄は熱まわりがよく、弱火〜中火でも十分火が通ります。体感にはなりますが、火が通るのもはやいな〜、と思います。
    使うほどに、なんとなく表面に味が出てきた気がします。どんどん育っていくのが楽しみです。
    フライパンは、消耗品と思われている方も多いはず。この「極」は、一生もの。
    扱いやすいコーティングのフライパンももちろん魅力的ですが、少し手間はかかっても、「極」フライパンでつくる料理の美味しさを、ぜひ体験していただきたいです!

仕様・サイズ

仕様など


■卵焼きパン小/約13.4×35.2(持ち手含む)×8.7cm、重量約590g
■フライパン20cm/約20×36.9(持ち手含む)×9.1cm、重量約560g
■フライパン26cm/約26×46(持ち手含む)×12.8cm、重量約950g
■フライパン28cm/約28×48(持ち手含む)×13.7cm、重量約1300g
■炒め鍋26cm/約26×45.4(持ち手含む)×12.3cm、重量約990g
■炒め鍋28cm/約28×47.3(持ち手含む)×13.5cm、重量約1130g
●主材/本体:冷間圧延鋼板、ハンドル:天然木
●直火使用可
●電磁調理器使用可
●日本製

商品レビュー

総合評価
4.5
(4人の評価)
2,2,0,0,0

全てのレビューを見る


商品レビューをリクエストする

最近チェックした商品

チェックした商品の履歴
残す
残さない
ページTOPへ

お気に入りリストに追加しました。

お客様ご自身のお気に入りリストに保存するには、「ログオン」が必要です。

ログオン お気に入りリスト