マタニティヨガの選び方

マタニティヨガの選び方

妊娠・出産・育児 完全ガイド

マタニティヨガの選び方

産婦人科やフィットネスクラブに通わなくても、自宅で簡単にカラダとココロの調和を狙えるマタニティヨガが人気。その効果や特徴、マタニティ用リラックスウェアのご紹介などをピックアップしてご紹介します♪

  • 時期別・お買い物リスト
  • 目次はこちら

マタニティヨガの選び方

for Mama

毎日更新!マタニティヨガ売れ筋ランキング

※掲載している写真はイメージです。商品の販売が終了している場合がありますので、予めご了承ください。

マタニティヨガの選び方

日本マタニティビクス協会の運動プログラムの中でも、妊娠中のフィットネスとして最近人気が高いのがヨガ。マタニティヨガは、妊娠中の体と心の調和を考えたプログラムになっており、また妊婦さんの体にも無理がないようアレンジされています。妊娠による肩こりや腰痛などのトラブル向けのポーズや、お産に役立つポーズなども組み込まれており、ゆったりした気分で取り組めます。

マタニティヨガの特徴

自宅でもできるマタニティヨガ

マタニティヨガは、産婦人科やフィットネスクラブでの教室に通うことなく、自宅でも簡単に行うことができます。DVDで販売されているので、プログラム内容を確認し、無理なく出来そうであれば、生まれてくる赤ちゃんとともにマタニティヨガを始めてみましょう。

1.心と体をほぐすための準備
ルーズニングはヨガを行うための準備運動です。体のすみずみまで宇宙のエネルギー(プラーナ)を運ぶために体をほぐしていきます。
2.3つの目的別パート
快適な妊娠生活のため、お産のため、キレイのためという3つのテーマでアーサナ(ポーズ)行います。

★アーサナとはヨガで行うポーズのこと。たくさんの種類がある。

Part1:For Matarnity Life
腰痛、肩こり、便秘などのマイナートラブル改善のアーサナ
Part1:For Delivery
いきみ、産道、お産の姿勢に役立つアーサナ
Part1:For Beauty
ウエスト、ヒップ、背中などを美しくするアーサナ
3.ヨガの呼吸法と瞑想で心と体をキレイにするパート
イメージを膨らませる美しい映像を見ながらリラックスしてきます。

<出典>
日本マタニティビクス協会
※マタニティヨガは妊娠14週からスタートできますが、エクササイズを行う前に主治医に相談し、不調を感じた場合は医師のアドバイスを受けてください。

妊娠中にしたいmama'sエクササイズ

マタニティ期にはじめたいエクササイズはマタニティヨガ以外にもいろいろあります。ウォーキングやマタニティビクス、スイミングなど、大切なからだのためにも、安定期に入ったら何か始めてみるのが良いでしょう。

関連アイテム用語