ベビーシューズの選び方

ベビーシューズの選び方

ベビーシューズの選び方

赤ちゃんの足をやさしくサポートするベビーシューズ選びに役立つヒントがたくさん。大人の足よりもやわらかく、未発達段階にあるので、きちんとサイズを測って、足にぴったりのものを選んであげるようにしましょう!

毎日更新!
ベビーシューズ
売れ筋ランキング

ベビーシューズの選び方

たっちができて、よちよち歩きはじめるようになったら、足をサポートしてあげるためにベビーシューズを用意しましょう。骨も筋肉も未発達な赤ちゃんの足。
すぐに大きくなるからといって大きめの靴を履かせると、足のトラブルの原因になります。赤ちゃんの成長、発育に合わせて、ぴったりの靴を履かせてあげてください。

Q.赤ちゃんの足の仕組みは?

赤ちゃんのくるぶしから下はほとんど軟骨で、足指の親指と小指が大きいのが特徴です。そして赤ちゃんの足は親指と小指の幅も広く、大人の足より扇に近いような形をしています。赤ちゃんの足はこのようにやわらかく、形成も未発達段階なので大人と同じ靴選びは通用しません。
また、現代人に多い偏平足や外反母趾は、成長期の赤ちゃんの足にムリな負担を強いることも原因のひとつと言われています。
赤ちゃんの足に合わせた靴選びをして、足の成長も考えてあげましょう。

ベビーシューズの特徴

赤ちゃんの靴選びのポイント

(1)赤ちゃんの足にジャストフィットしたものをはかせましょう。
(2)指先が広がっている赤ちゃんの足にはつま先が広めですっぽり包みこむようなデザインのもの
(3)かかとの支えがしっかりしているデザインのもの
(4)赤ちゃんの足の動きに合わせて、靴底も曲がりやすい構造のもの
(5)靴の間口を広くでき、赤ちゃんの足に履かせやすいもの

ほかにも、歩行にあわせ曲がる靴底や、かっちり箱形でしっかり固定されたもの、足指のびのび、ゆとりたっぷりなども目安に選んであげて下さいね

ベビーシューズを買ったら・・・

通販やインターネットショッピングでベビーシューズを購入した場合、お店とは異なりその場でフィッティングができません。
商品が届いたら、まずは室内でサイズが問題ないかを確認します。

(1)ベビーシューズを履いて立ったときの状態はどうか?きつい/きつくない?指先に余裕があるか?かかとの締め付け感は?
(2)ベビーシューズを履いて歩いたときの状態はどうか?歩きにくいそぶりはあるか?赤ちゃんが痛がって嫌がっていないか?

妊娠・出産・育児 完全ガイドTOPへ

ベビー

マタニティ・ママ

子供服・子供用品