ベビー肌着の選び方

ベビー肌着の選び方

ベビー肌着の選び方

暑さ、寒さの調整や汗を吸い取ることが役割の「ベビー肌着」。素材や縫製方法などにこだわれば、さらに赤ちゃんは快適に過ごせます。また、短肌着や長肌着、コンビ肌着など、それぞれのメリットを知っておくことも大切です。

毎日更新!
ベビー肌着
売れ筋ランキング

ベビー肌着の選び方

暑さや寒さの調節をしてあげることと、汗を吸い取ってあげることが肌着の役割。
吸湿性・通気性に優れた素材、季節に合った生地、縫い目がゴロゴロしないなど素材や縫製にもこだわって選びましょう。さらに、短肌着、長肌着、コンビ肌着など目的や使い方に合わせて種類もいろいろあります。
重ね着などで体温調節をしてあげられるように、さまざまな種類をそろえておきましょう。

ベビー肌着の種類とその特徴は?

ベビーの発育過程を知り、月齢やサイズを気にしながらその時々に必要なものをこまめに揃えてあげましょう。

短肌着・長肌着
誕生から生後3ヶ月くらいまでに着用する基本の肌着です。長肌着は短肌着に重ねて着せることもできます。
コンビ肌着
股下がスナップ留めなので、活発に動いてもはだける心配がありません。
ボディスーツ
体にフィットして動きやすく、股の部分で固定しているので、肌着のめくれ上がりもありません。首が据わったら、肩開きタイプも着られます。
パジャマ代わりとして着せられます。
ショートオール
体にフィットして動きやすく、股の部分で固定しているので、肌着のめくれ上がりもありません。首が据わったら、肩開きタイプも着られます。
こちらもパジャマ代わりとして使えます。
セパレート下着
上下が別々になった肌着で、男女の区別があります。
保育園では、セパレート下着を着せるよう指定されることがあるようです。

ベビー肌着の特徴

ベビー肌着のこだわり

肌着の打ち合わせは新米ママでも手早くお着換えできるよう、結び方、留め方にもひと工夫。
肌着の縫製についても、赤ちゃんの生まれたての繊細な肌だから、細部の仕立てにこだわり、ベビーにやさしい縫製で着心地を高める工夫がされています。

肌着の打ち合わせ

ワンタッチテープ
脱ぎ着のしやすさは抜群。動き回るベビーにも手早く着せれます。
ひも
脱ぎ着が簡単でごろつかないので低年齢のベビー肌着によく使われます。
プラスチックスナップ
機能は普通のスナップと同じですが、軽くて肌へのあたりが少ないのが特徴です。

肌着の縫製

フラットシーマー
腕を動かした時も、縫い代のごろつきが気にならないよう肩や袖には平面縫製=フラットシーマーを採用。ごろつきがなく快適な着心地。
縫い代を表に
ベビーのデリケートな肌は縫い目が肌に当たるだけでもかぶれてしまうことが。だから縫い代はすべて表側に出して肌あたりをやさしくしています。
ひもの端は返し縫い
肌着についているひもの先が、洗濯などでほつれないよう、しっかり返し縫いをしています。

季節によって必要な肌着は違います

春夏は汗をかきやすく、秋冬は寒さに気をつけたいものです。暑い夏はベビー肌着1枚でもOKですが、冬場には肌着の重ね着で調節しましょう。季節にあわせたセットの肌着は、必要枚数をそろえており初心者ママにはおすすめです。

一例
ツーウェイドレス:1枚
短肌着:3枚
あわせ肌着:1枚
コンビ肌着:3枚
アフガン:1枚
バスガーゼ:2枚
ガーゼハンカチ:5枚 安心★便利な『新生児用セット』
一例
ツーウェイドレス:1枚
短肌着:3枚
あわせ肌着:2枚
コンビ肌着:3枚
アフガン:1枚
バスガーゼ:2枚
ガーゼハンカチ:5枚

ベビー服とベビー肌着の組み合わせを知ろう

赤ちゃんは、体温調節が苦手なので、ママがこまめに調節してあげる必要があります。
ベビー肌着の特長を活かして、季節や環境に合わせて、重ねたり減らしたり、上手に組み合わせてみましょう。

妊娠・出産・育児 完全ガイドTOPへ

ベビー

マタニティ・ママ

子供服・子供用品