妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

お腹を支えて赤ちゃんを安定させたり、皮膚が薄くなったお腹を保温したり。安産祈願にも利用される妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)も出産準備にお忘れなく。種類やサイズの選び方をチェックして、ぴったりのアイテムを探してくださいね。

毎日更新!
妊婦帯・腹帯
売れ筋ランキング

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)とは

お腹が目立ってくる妊娠5ヶ月頃から使用する、筒型もしくはガードルと一体型のささえ帯です。
諸説ありますが、日本ではお産が軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日にさらしの腹帯を巻き、安産を祈願する慣わしがあります。

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)は
・大きくなるお腹の重みを支える
・負担のかかる腰をサポートする
・赤ちゃんをはぐくむお腹と腰が冷えないようにする
といった役目を持った大切なアイテムです。

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の形や機能には様々なタイプがあるので、使いやすいものを選んで。

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の特徴

妊婦帯のタイプ&サイズ選び

締め付けるのではなく、お腹を下から支えるのがよい妊婦帯。筒型の腹帯タイプと、パンツ型(マタニティガードル)タイプ、しっかり支えてくれるベルトタイプの三種類があります。

妊婦帯のタイプ

腹帯タイプ

TYPE01腹帯タイプ

リラックス時に 就寝時に スカートスタイルの時に
  • 腹帯タイプの妊婦帯は、筒状でショーツの上から着用するタイプ。
    綿素材が多くラクな着用感。
    ほとんどが大きくなるお腹を支えるための機能付きです。
    お腹が小さい頃から着用できますので、妊娠したらまず腹巻きタイプで、お腹をしっかり保温・保護しましょう。
  • ソフトなサポート力なのでリラックス時や就寝時に特におすすめです。
  • 着けはずしが簡単で、回数が増えるトイレ時にも上げ下ろししなくてよいので、便利です。

TYPE02パンツ型タイプ

外出時に パンツスタイルの時に しっかりサポートしたい時に
  • パンツ型タイプの妊婦帯は、ショーツ型のタイプです。
    大きくなるお腹を支えるための機能が付いており、サポート力の高さが特徴です。
  • お勤めやお出かけの時は、ずれにくく、脚さばきのよいパンツ型タイプをおすすめします。
  • パンツスタイルの時などボディラインが気になるときも、スッキリとしたシルエットを保ちます。

TYPE03ベルトタイプ

しっかりサポートしたい時に 産後の骨盤引き締めにも

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)サイズ選びの目安

下のサイズ表でLが2つ以上ある方はマタニティLをお選びください。

※妊婦帯(腹帯・パンツ型)着用に関するご注意

着用中、腹部に不快な締め付けを感じたり、体調の不調を感じられた場合は、すみやかに着用をおやめください。
また、着用に際してはかかりつけのお医者様に、着用の是非を相談されることをおすすめします。

妊娠・出産・育児 完全ガイドTOPへ

マタニティ・ママ

【妊娠・出産準備リスト】初期からの体の変化に合わせて必要なもの

ベビー

【時期別お買いものリスト】時期別にわかる!新生児・赤ちゃんに準備が必要なもの

子供服・子供用品

【時期別お買いものリスト】時期別にわかる!子供・小学生に準備が必要なもの