妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

お腹を支えて赤ちゃんを安定させたり、皮膚が薄くなったお腹を保温したり。安産祈願にも利用される妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)も出産準備にお忘れなく。種類やサイズの選び方をチェックして、ぴったりのアイテムを探してくださいね。

毎日更新!
妊婦帯
売れ筋ランキング

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の選び方

お腹が目立ってくる妊娠5ヶ月頃から使用する、筒型もしくはガードルと一体型のささえ帯です。
諸説ありますが、日本ではお産が軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日にさらしの腹帯を巻き、安産を祈願する慣わしがあります。
妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)はお腹を支えて赤ちゃんを安定させ、保温する役目を持った大切なアイテムです。
形や機能には様々なタイプがあるので、使いやすいものを選んで。

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の特徴

妊婦帯のタイプ&サイズ選び

締め付けるのではなく、お腹を下から支えるのがよい妊婦帯。筒型の腹帯タイプと、パンツ型のマタニティガードルタイプの二種類があります。

妊婦帯のタイプ

お腹を保温して、つけ心地ゆったり。
腹帯タイプ
保温力とソフトなつけ心地が特長。筒型で脱ぎ着がラク。のんびり過ごす時やスカートスタイルにピッタリ。
すっきりはける
パンツ型タイプ
伸縮性に優れ適度にサポート
腹帯タイプ
手軽にサポートできる
妊婦帯(ベルト型)
お腹の重みを支えてお出かけにも。
ガードルタイプ
サポート力の高さが特長。お出かけの時やパンツスタイルにピッタリ。

サイズ選びの目安

下のサイズ表でLが2つ以上ある方はマタニティLをお選びください。

※妊婦帯(腹帯・パンツ型)着用に関するご注意

着用中、腹部に不快な締め付けを感じたり、体調の不調を感じられた場合は、すみやかに着用をおやめください。
また、着用に際してはかかりつけのお医者様に、着用の是非を相談されることをおすすめします。

妊娠・出産・育児 完全ガイドTOPへ

マタニティ・ママ

ベビー

子供服・子供用品