チャイルドシートの選び方!おすすめ商品や人気ランキングは?

チャイルドシートの選び方!おすすめ商品や人気ランキングは?

チャイルドシートの選び方!おすすめ商品や人気ランキングは?

チャイルドシートの選び方のポイントから、おすすめ商品、人気ランキングなどをご紹介♪6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転する時には、チャイルドシートの装着が法律で義務づけられています。産院からの退院時、帰宅する際から必要になるので、出産準備用品として前もって購入しておくようにしましょう。

毎日更新!
チャイルドシートの
おすすめランキング!

チャイルドシート選び方のポイントは?

チャイルドシートは、体が小さすぎて自動車の座席ベルトが着用できない赤ちゃんや子どもを補助するシートです。新生児であってももちろん必要なので、産院からの退院時に自動車での移動を予定している人は、新生児から使えるチャイルドシートを選びましょう。取り付けや乗せ下ろしのしやすさもポイントになります。チャイルドシートの選び方を4つのステップに分けてご紹介します。

チャイルドシートの選び方その1
安全基準

国土交通省が定めた現行の安全基準に適合しているかを必ず確認しましょう。適合している製品には「Eマーク」が貼られています。
2012年6月30日以前に製作されたチャイルドシートには、改正前の古い基準に適合していることを示す「自マーク」が貼られている場合があります。使用は可能ですが、現行の「Eマーク」のほうが安全基準の精度は上がっています。

参照:国土交通省:チャイルドシートについて

http://www.mlit.go.jp/jidosha/child/#erabikata

チャイルドシートの選び方その2
取り付け方(後ろ向き、横向き、前向き)

新生児から使えるチャイルドシートには、赤ちゃんが車の後方を向くタイプ、赤ちゃんを寝かせて横向きに取り付けるタイプの2種類があります。進行方向に向けて座らせる前向きタイプは1歳ごろから使用可能になります。年齢や車内スペースなどを考慮して選びましょう。

チャイルドシート選び方その3
乗せ降ろし(回転式、固定式)

首のすわらない赤ちゃんをチャイルドシートに乗せるのは意外と大変な作業。シートの向きを自由に変えられる回転式は、乗せ降ろしのしやすさで大きなメリットがあります。その反面、本体が大きく重くなるというデメリットもあります。固定式のメリットは豊富なラインナップと価格の手頃さ。また車内での圧迫感も少なく、適合車種の範囲も広いのが特長です。赤ちゃんを自動車に乗せる頻度や車内スペースを考えて選びましょう。

チャイルドシート選び方その4
車種への適合、本体の重さ

購入予定のチャイルドシートが自家用車に適合するか、事前に各メーカーのホームページ等で確認しておきましょう。自家用車を複数台所有している家庭や、帰省等で親族の車への付替えを予定している場合は、すべての車種について確認しておいてください。チャイルドシート本体の重さが、自分で持ち運べて、取り付けや取り外しができる範囲かもチェックしておきたいポイントです。

チャイルドシートの種類、人気の商品は?

チャイルドシートは子どもの成長に合わせてベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3種類に分けられます。身長や体重が基準になりますが、製品ごとに基準が異なるので、購入前に必ず確認しましょう。
ベビー兼チャイルド(新生児から4歳ごろまで)、チャイルド兼ジュニア(1歳から10歳ごろまで)のように長期間使えるものが人気です。

ベビーシート
(乳児用:新生児〜1歳ごろ)

体重:約13kg未満
身長:約70cm以下

首がすわっていない赤ちゃんを寝かせた姿勢で乗せられるタイプ。赤ちゃんが車の後方を向くように取り付けるもの、ベッドで寝ているかのように横向きに取り付けるものなど、シートの固定方法は製品ごとに異なります。

チャイルドシート
(幼児用:1歳、2歳、3歳、4歳ごろ)

体重:約9〜18kg
身長:約65〜100cm

首がしっかりすわった幼児を乗せるためのシート。体格はまだ未熟なので、もしもの時の衝撃に十分耐えられるように、シェル状でつつみ込むようなシートになっています。前向きで使用します。

ジュニアシート
(学童用:4歳、5歳、6歳〜10歳ごろ)

体重:約15〜36kg
身長:約135cm以下

乳幼児用のチャイルドシートがきつくなるとジュニアシートへ。座面を底上げする補助シートによって子どもの座高を調整して、大人用のシートベルトを正しく装着できるようにするものです。背もたれのあるものとないものがあり、成長に応じて使い分けます。

チャイルドシートの使用義務は何歳まで?助手席につけていいの?

チャイルドシートの使用は道路交通法で義務付けられており、6歳未満の子どもは必ずチャイルドシートに乗せる必要があります。6歳以上は義務ではありませんが、子どもの体格によってはチャイルドシートを使ったほうが安全です。一般的な自動車のシートベルトは、身長135cm以上でないと正しく着用できない仕様になっているよう。後部座席であってもシートベルトの着用は義務ですから、子どもが135cm未満の場合はチャイルドシートを使ってあげてください。
子どもの様子をすぐ確認できるよう助手席で使いたいという意見がありますが、おすすめはできません。なぜなら、助手席に装着されているエアバッグは成人の体型を前提に設計されているからです。万一の事故でエアバッグが作動した場合、体の小さい子どもに対して適切に動作せず、逆に被害を大きくすることがあります。

妊娠・出産・育児 完全ガイドTOPへ

ベビー

マタニティ・ママ

子供服・子供用品