マタニティパンツ・スカートの選び方

マタニティパンツ・スカートの選び方

マタニティパンツ・スカートの選び方

マタニティパンツは大きなお腹を包みながら、脚部分は普通服サイズと変わらないシルエットで仕上げたすぐれもの。「脚長・美脚・小尻」にもこだわったアイテムもあり、パンツスタイルだってしっかりおしゃれできるようになりました!

毎日更新!
マタニティパンツ・スカート
売れ筋ランキング

マタニティパンツ・スカートの選び方

大きくなるお腹をすっぽりとやさしく包み、脚部分は普通服サイズと変わらないようすっきり仕上げたのがマタニティパンツ。
体型の変化に対応するようストレッチ生地が使われており、美脚・小尻効果も考えられたシルエットです。
またマタニティスカートは、お腹が大きくなっても前裾が持ち上がらないよう前の丈が長めになっており、きれいなシルエットで着られます。

マタニティパンツ・スカートの特徴

シルエットはそのままで、いつも以上に気持ちいいはき心地!

「妊娠しても私らしく。そしてきれいに。」そんな素敵な妊婦さんがぐんと増えてきました。「だから普通服でいいわ。」という声も聞こえてきます。でも、妊娠中は体が劇的に変化する時期です!ベルメゾンでは妊婦さんの体型を徹底研究して快適さと美しさにこだわったマタニティウェアをお届けします。

パンツ・レギンスの工夫

マタニティパンツの工夫
腰まわりにゆとりを持たせ、前は股上を深く、後ろは前より浅めに設定しているので、すっきり着られます。 マタニティパンツ
マタニティレギンスの工夫
股上が深く、お腹をすっぽり包みます。 マタニティレギンス・スパッツ

スカートの工夫

マタニティスカートの工夫
お腹をすっぽり包む切替えがあり、お腹が大きくなってもズリ落ちません。前裾が長めできれいなシルエットになります。 マタニティスカート

なぜ後ろ股上は前の股上に比べ浅めに設定しているのか?

前股上と後股上の関係
前股上を深めに設定しているのは、お腹をすっぽり包み込むため。後ろ股上も深く設定してしまうとラインあたりまでボトムが来てしまいます。着用していると実際のウエストラインあたりまでずり落ちてきます。そのため後ろ股上を前股上より少し浅めに設定し、快適にはけるように工夫しています。
後ろ股上も深くしたときのライン
実際のウエストラインあたり

妊娠初期から臨月まで対応できる秘密は・・・

お腹に伸縮自在の素材を。サイズ調整も可能に。

お腹には伸縮自在の素材、ウエストゴムはサイズ調節もOK。
ボトムには、大きなお腹をやさしく包み込みながらサポートできるよう、お腹部分の素材やパターンに細かな工夫をしています。また、ウエストのサイズ調節を可能にすることで、妊婦さん1人ひとりの体型や妊娠中のサイズ変化に幅広く対応できるようにしました。

調節自在のウエストゴム
ウエスト部分は「ボタンホール付きゴム」を採用。ボタンを留め替えるだけで、何段階にもウエスト調節が可能です。お腹が目立たない妊娠初期から大きくせり出す妊娠後期まで、きちんと対応します。
※一部仕様の異なる商品があります。
パンツ・スカートのはき方
快適なはき心地のために、股上が深くつくられています。写真のようにウエスト位置までしっかり上げて、お腹をすっぽり包んでください。
※一部仕様の異なる商品があります。

お腹の切り替えは2タイプあります

前カットソー切り替えタイプ
前部分がカットソーなので、お腹が大きくなってもラクラク。後ろ側はボトム部分と同素材なので、腰まわりは普通服のボトムに近いはき心地。安定感がほしい方におすすめです。
後ろまでカットソー切替えタイプ
お腹まわりがぐるりと後ろまでカットソー素材なので、前後に伸びていちだんとはき心地がラク。しゃがんでもずり落ちにくいです。やさしいフィット感で、締めつけが苦手な方におすすめです。
妊娠・出産・育児 完全ガイドTOPへ

マタニティ・ママ

ベビー

子供服・子供用品