チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方

妊娠・出産・育児 完全ガイド

チャイルドシートの選び方

チャイルドシートの選び方のポイントから、それぞれの特徴までをたっぷりご紹介♪6歳未満の幼児を乗車させて自動車を運転する時には装着が法律で義務づけられているので、出産準備用品として前もって購入しておくようにしましょう。

  • 時期別・お買い物リスト
  • 目次はこちら

チャイルドシートの選び方

for Baby

毎日更新!チャイルドシート売れ筋ランキング

※掲載している写真はイメージです。商品の販売が終了している場合がありますので、予めご了承ください。

チャイルドシートの選び方

体が小さすぎて自動車の座席ベルトが着用できない赤ちゃんやこどもを補助するシートです。
子供の成長に合わせてベビーシート、チャイルドシートの選び方、ジュニアシートの3種類があります。
子供を乗車させて自動車を運転するときは、チャイルドシートを装着することが法律で義務づけられています。
まずは産院からの退院時に、車に乗せるために必要になるので、出産準備用品として前もって購入しておきましょう。

Q.チャイルドシート選びのポイントは?

POINT1.安全基準
道路交通法で使用が認められているものには、安全基準の適合マークが表示されています。
POINT2.取り付けやすさ
正しく装着できないと意味がありません。1人で1〜2分で簡単に取り付けれるものがベスト。
POINT3.本体の重さ
自分で持ち運びができ、取り付けや取り外しができる重さかどうかをあらかじめ確認しておきましょう。チャイルドシートには車種により適合しない場合があります。事前に各メーカーのホームページでの確認をお勧めします。

授乳グッズの特徴

チャイルドシートの種類

ベビーシート(乳児用)
体重10kg未満、新生児から約1歳くらい
首がすわっていない赤ちゃんを寝かした姿勢で乗せることができるタイプ。赤ちゃんの頭が車の進行方向と反対になるように取り付けるもの、車のシートと平行になるように横向きに取り付けるものなど、シートの固定の方法は、メーカーによって異なっています。
チャイルドシート(幼児用)
体重9〜18kg未満、約1歳から4歳くらい
首もしっかりすわった幼児を乗せるためのシート。まだ体格も未熟なので、衝撃にも十分に耐えられるように、シェル状でつつみ込むようなシートになっています。前向きで使用します。
ジュニアシート(学童用)
体重15〜36kg未満、約4歳から10歳くらい
乳幼児用のチャイルドシートがきつくなるとジュニアシートへ。きちんと座れるようになっても、座高が足りないためシートベルトの装着が正しくできないために、座高の調整を主に肩と腰をサポートしたタイプ。

関連アイテム用語