妊娠線ケアグッズの選び方

妊娠線ケアグッズの選び方

妊娠・出産・育児 完全ガイド

妊娠線ケアグッズの選び方

お腹の皮膚が急激に伸びることでひび割れを起こしたり、線状になったりするのが妊娠線。一度出来てしまうと消えることはないので、きちんとケアしておくことが大切。仕方のないことだと諦める前に、ここをチェックしてくださいね!

  • 時期別・お買い物リスト
  • 目次はこちら

妊娠線ケア

for Mama

妊娠線ケアとは

お腹が大きくなるにつれて皮膚が急激に伸びることで、皮膚がひび割れを起こしたり、皮膚が線状になったりしたものを妊娠線と呼びます。特に、体重が急激に増え始める時期や臨月には、妊娠線ができやすいので要注意。一度できてしまうと、薄くなることはあっても消えることはありません。予防のためには、保湿クリームやオイルなどで水分や油分を与え、潤いをキープすることが効果的とされます。

妊娠線ケアのタイミング

きれいなママへ今から始める「妊娠線対策」

産後、きれいなボディでいるためには、妊娠中からのケアが大切。特に、肌の乾燥は大敵です。保湿を怠るとしわが出来やすくなりますので、妊娠に気づいたら、さっそくお手入れを始めましょう。

【こんな症状がでたら妊娠線ケアを始めましょう】

●お腹のまわりがかゆくなったら。
●乾燥やかさつきは気になったら。
●体重が増加したらなるべく早めに。

妊娠線はどうしてできるの?
妊娠線は、妊娠中期以降、お腹や胸、太もも、おしりなどに出ることがある赤褐色の線のこと。妊娠してお腹が急に大きくなると表面の皮膚はのびますが、弾力性のない部分はついていかれずにひび割れ、線状になってしまうのです。妊婦さんの約8〜9割に妊娠線ができるといわれ、皮膚の柔軟性によっても出る・出ないに差があるようです。
妊娠線をケアして、産後も美しいボディを目指しましょう。
妊娠線を確実に防ぐ方法は、残念ながらまだありません。ケア方法としては、体重が急に増えないように気をつける、やわらかくハリのある肌を保つために妊娠線ケアクリームなどで水分と油分を与えるなどが効果的。特に乾燥しやすい秋冬は、常にしっとりとうるおいを補うようにしましょう。クリームは、妊娠2ヵ月頃から始めて、産後1〜2ヵ月頃まで続けるのがおすすめです。

※掲載している写真はイメージです。商品の販売が終了している場合がありますので、予めご了承ください。