マタニティスイミングの選び方

マタニティスイミングの選び方

妊娠・出産・育児 完全ガイド

マタニティスイミングの選び方

転んでもケガをする心配が少なく、重いお腹を抱えた妊婦さんでも楽にできると根強い人気の「マタニティスイミング」。ココロのリフレッシュはもちろん、脚の血液循環や肩こり・腰痛の緩和にもおすすめです☆

  • 時期別・お買い物リスト
  • 目次はこちら

マタニティスイミング

for Mama

マタニティスイミングの選び方

水中では浮力が働くので、転んでもケガをする心配が少なく、重いお腹を抱えた妊婦さんでも楽にできるのが水泳です。マタニティスイミングは水平になって行うので、滞りがちな脚の血液循環を促すのにもよいとされています。肩こりや腰痛の緩和のためにもおすすめの運動法です。

マタニティスイミングの特徴

マタニティスイミングをはじめる前に

おなかが大きくなるので、今まで使っていた水着を使用というわけにはいきません。マタニティ用の水着もありますので大きいお腹にも対応できるものを探しましょう。

おなかが大きくなる頃のことを考慮すると、
セパレートタイプの水着がおすすめです。

先輩ママの声に応えた、セパレートタイプ
お腹が大きくなると、上下が分かれた水着がいいという先輩ママの声からセパレートタイプを推奨しています。お腹のふくらみに合わせてサイドギャザーの量を調節でき、体型もすっきりカバー。 ボトムはおしりをすっぽり包んで安定感が良く、ムダ毛の気にならない丈に設定しています。

妊娠中にしたいmama'sエクササイズ

マタニティ期にはじめたいエクササイズはマタニティスイミング以外にもいろいろあります。ウォーキングやマタニティヨガ、マタニティビクスなど、大切なからだのためにも、安定期に入ったら何か始めてみるのが良いでしょう。

関連アイテム用語

参考リンク