ママフル365コラム 【保育園長のナルホド育児】トイレトレーニングの上手な進め方とコツ

  • ママフル!365 TOP
  • ママフル365コラム 【保育園長のナルホド育児】トイレトレーニングの上手な進め方とコツ

【保育園長のナルホド育児】トイレトレーニングの上手な進め方とコツ

日々、子どもたちの成長に携わる保育園の先生に、トイレトレーニングについて教えてもらいました。
教えてくれた人:えがおの森保育園・せんごく 堤園長先生

トイレトレーニング、いつから始める?

これまでトイレトレーニングの始めどきに悩むママさんと多く接してきましたが、早ければ良いというものでもないんです。子どものからだが準備できていないと、練習を始めてもなかなかうまくいきません。

目安になるのが、おむつが濡れるまでの時間です。夏なら1時間半、冬なら1時間ぐらい濡れないようになれば、からだの準備が整ったサイン。トイレトレーニングを始めてみてください。

トイレトレーニングの進め方はこんな感じ

まずは、一緒にトイレに行く機会を増やしましょう。朝起きた時や食後、お昼寝の後、お風呂の前、就寝前などのタイミングでトイレに座らせるのがオススメです。

「トイレに行ったのに、おしっこもうんちも出ない」そんな時も焦らなくてOK。始めてすぐならタイミングが合わないのはよくあること。トイレに行くという習慣づけを大切にしましょう。

子ども自身、トイレでの排泄を繰り返すうち、おむつで排泄した時に「なんだか気持ちが悪い」と違和感を覚えるようになってきます。この違和感が、トイレトレーニングを進める上でのカギ。

「どうして気持ち悪いのかな?」と考えたり、「トイレでする方が気持ちいい!」と気づいたりすることで、おむつは取れやすくなっていきます。

保育園でも実践中【トイレトレーニング 2つのコツ】

パンツが濡れる不快さを知ってもらう

保育園では、おむつが取れることよりも、子どもたちに「おまるやトイレで排泄しないと気持ちが悪い」という感覚を持ってもらうことを大事にしています。

そこで、吸水性が高いトレーニングパンツはあえて使わず「布パンツ+おむつ」のスタイルで練習しています。肌とおむつの間に布パンツをはさむことで、失敗した時に「パンツが濡れて気持ちが悪い」という感覚を感じやすくするためです。

本人のやる気を引き出す

トイレトレーニングには、子ども本人のやる気も重要なポイント。

ご自宅で「布パンツ+おむつ」を実践するなら、布パンツの絵柄は、できるだけ子どもに選ばせてあげてください。自分で選んだお気に入りのパンツなら大事に扱います。もし失敗してしまっても「大好きなパンツを汚さないためには、どうしたらいいのかな?」と自分で考えますし、「次は汚さないように、トイレの時は教えてね!」とママやパパが声をかければ、きっと子どものやる気もアップしますよ。

トイレトレーニング失敗!? こんな時どうする?

トイレでうんちができません

すぐにできるようにならなくても心配しないで。トイレトレーニングの最大の山場は「トイレでのうんちを定番化すること」です。おしっこのトイレトレーニングが完璧でも、トイレでうんちができない子どもはたくさんいます。

紙パンツですることに慣れてしまっている、おむつに安心感がある、トイレで座ってするよりも立ったままの方がふんばれるなど、理由はさまざまのようです。

ただ、長くそのままでいると、おむつが取れにくくなってしまうケースも。うんちが出やすいタイミング(たとえば食事の後)でトイレに行く習慣を身につけさせる、ふんばりやすいようにトイレに足場をつけるなど、サポートしてあげましょう。

おねしょが復活しちゃった! 子どもも自信をなくしそう……

おむつは外れたのに、おねしょが復活したというお話は時々聞きます。

原因としていちばん多いのは、寝る前の水分の摂り過ぎ。

おねしょの防止には、少しかわいそうに思うかもしれませんが、夜中に一度起こしてトイレに連れて行くのが良いですよ。たとえば子どもが夜9時に寝た場合、0時頃に一度起こしてトイレに連れて行く。すると3時間は寝ているので、眠くてもトイレに起きてくれます。

気をつけたいのは、子どもがちゃんと目覚めるよう誘導してあげること。半分眠ったままの状態では、トイレの記憶が残りにくく、おねしょも治りにくいです。必ず、目が覚めていることが大切です。

トイレトレーニングは家族で協力しながら進めていきましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE